夏は来ぬ

     
        連休を、如何おすごしですか?  

        ワタシはいつもと変わらぬ日々。f0063889_14334190.jpg



        出かけるもよし。

        出かけぬもよしの日和と

        懐事情。世間の事情。

        いろいろあっていいのでしょう。

        先日。

        車中のラジオで・・・。

        ココロに残ったおはなしひとつ・・・。


    

    



 
f0063889_1494676.jpg

   日本語の美しさをちりばめた究極の一曲がありますよと

   選ばれたその曲は・・・

   「夏は来ぬ」 そう あの 「夏は来ぬ」

   ゲストの分かりやす~い解説を聞いたあとの「夏は来ぬ」が

   宝石のように輝いて聴こえたのでありました。♪。.♬.♪:*:♪.♬・'゜♪゜'・
          


            (1) 卯の花の匂う 垣根に
              時鳥(ホトトギス) 早も来鳴きて
              忍び音もらす 夏は来ぬ

            (2) さみだれの 注(ソソ)ぐ山田に
              早乙女が 裳裾濡らして
              玉苗植うる 夏は来ぬ

            (3) 橘の薫る 軒端(ノキバ)に
              窓近く 蛍飛び交い
              おこたり諌(イサ)むる 夏は来ぬ

            (4) 楝(オウチ)散る 川辺の宿の
              門(カド)遠く 水鶏(クイナ)声して
              夕月すずしき 夏は来ぬ

            (5) 五月闇(サツキヤミ) 蛍飛び交い
              水鶏鳴き 卯の花咲きて
              早苗植えわたす 夏は来ぬ

                              

                          ☆彡 玉苗の玉って・・・
                              宝石のことだったのですね。
                              知らないことが多いナァ
                           
              童謡というより老謡(×) このような美しい詩にピッタリの
              曲たちにそろそろ、素敵な名前をつけてやってくれませんか♬
              う~んう~ん絞ってもでてこない ☜ない知恵

                                                     
               佐々木信綱作詞・小山作之助作曲.

                     「夏は来ぬ」 
                                           f0063889_15395914.gif
by hiriko212 | 2009-05-05 14:57 | つぶやき | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://hiriko212.exblog.jp/tb/10985494
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by enju at 2009-05-05 17:03 x
はいひりこさま、enjuはおとといお友達の家でパーティーがあり、ちょっと飲んだら、二日酔いで、きのうは寝てました。
かぞえてみたら、30時間寝てました。
では!!
Commented by 小那美 at 2009-05-05 21:23 x
日本語の美しさ・・・忘れてはいけませんよね。
この前、英語の授業に行って、英語は新しい表現があまり無いのに,日本語の乱れって、意識の差なんだ・・・と実感しました。
Commented by hiriko212 at 2009-05-05 22:08
★エンジュさん
こんばんは♪もう目は覚めましたか?
あまりイケルくちではないエンジュさん、疲れがたまっていたのかもね。
オメザは、清々しい歌声で、「夏は来ぬ」など如何?
それにしてもイッペンにワタシの5日分も寝るなんて!(驚)
Commented by hiriko212 at 2009-05-05 22:20
★小那美さん
語学苦手なワタシなのであまり言いたくないけれど(笑)
やはり、かなり乱れてますよね。最近。。
数ヶ国語駆使する小那美さん’(羨)だからこそ、思いもおありでしょう。
どうにかしてぇ~って
気にはなるけど、そういう自分も危なかったりしてね。
ちなみにミクコミ二ティ 「よろしかったですか?」撲滅委員会に入って
いるのですが(笑)
Commented by moribin at 2009-05-06 08:40 x
おはようございます。
以前ブログにも書きましたが、水村美苗「日本が亡びるとき」の本でも、もっと美しい日本語を大切にしましょうよ、とありました。
先日、母親が「今日は薄ら寒いね」と言うので、なんだか懐かしい表現だねと笑いましたところ、漱石の「明暗」に同じ表現が出てきて、とても気持ち好くなり、それ以来、日常的に使うようにしました。
言葉は変化していくものですが、美しい日本語は大切にしていきたいもです・・・
Commented by hiriko212 at 2009-05-06 10:07
★moribinさん
おはようございます♪
そうそうその水村美苗さんの名前がでてこなかった(^-^;
確かに以前moribin兄さんのお宅で、交わされたコメが、頭のすみに
あったので、美しい日本語についてオハナシされるゲストがてっきり
水村女史かと思って聞いていたら、違う方でした。
やがて消えてしまいそうなご当地ことばも残したいもののひとつ、
「なんか今日は、肌寒かばってん風邪ひかんごつね」(和)
Commented by shige at 2009-05-06 11:18 x
言われてみれば、そうですね。
子供の頃歌っていたこれらの歌の数々・・
確かに、歌詞の意味も理解しないまま歌っていた。
「早春賦」なんかもその部類なのかも・・
「赤い靴」は「女の子」が「キリンさん」に連れられて
行っちゃった・・・と子供の頃思ってた。はは・・
確かに日本語は「広くて深い」ですね。
Commented by hiriko212 at 2009-05-07 07:25
★Shigeさん
「キリンさん」ですか?いいなぁそういう子供らしい間違い。
ワタシにもたくさんありました。思えば、難しすぎましたよね。
大人になってシミジミかみ締める動揺は、童謡といえませんね。笑
白秋さんぐらいからが、子供の唄と聞いたような・・・。
でも「早春賦」「夏の思い出」季節がくると必ず口づさむってことは
やはり昔唄っていたからでしょうね♪
意味分からず唄った歌が、あるとき、脱皮して蝶になって舞うカンジかナ~
「ほんなことひろしてふかか~」。。。。(-_-シミジミ
Commented by クロッチーだょ~ at 2009-05-11 15:53 x
ρ(*^▽^*)ρひりこ様

すっかりご無沙汰してました。<(^∀^*)ゞゴメン~♪
昨年バイトしてなんだかね~~
疲れ切ってしまいましたよ。
もう半年近くたつんです。
身体中湿疹がでて毎日痒い。。痒い。。の生活です。
何とか今は少し治まってきましたが・・・・・
二ヶ月寝たり、起きたりの生活でしたよ。
皮膚科の先生はPCの前に座ってばかりいてはストレス溜まるから駄目だよ~
って言われて毎日ウォーキングへ、のこのこ出かけてます。
GWも何処へ出掛けるでもなくのんびりとしてましたよ。
また少し元気になりましたので遊びに来ますね。☆^(o≧∀≦)oニパッ
Commented by hiriko212 at 2009-05-13 07:24
★クロッチーさん
お久しぶり~♪こちらこそ随分ご無沙汰です。
昨日の夜遅く帰りました。(名古屋)お返事おそくなってごめんなさい。
そうだったんですか。
アルバイトが、こたえたのですね(゚_゚i)
痒みは、こらえられません。つらそ~
私もウォーキングさぼってばかり、イケマセンね。
クロッチーさんを見習います。季節もよくなったしそろそろ・・・
北海道の大自然又拝ませてください♪
Commented by みゅうみゅう at 2009-05-13 23:11 x
同じく昔は何にも考えずに歌っていました。
今では思い出せぬ漢字や言葉。
情けなくなります。
Commented by hiriko212 at 2009-05-14 17:28
★みゅうみゅうさん
そうですね。
な~んにも気づかずに、分からずに歌っていて。
きがついて、歌おうと思っても、なかなか記憶がおぼつかない・・・。
とほほですが、ラジオのありがたさにきづかされた
一時でありました。(^-^)V
<< 弾んだ上棟式 古都 >>