重い腰をあげて


      

頂いた券を無駄にするものかと
重い腰をあげて
福岡市立美術館f0063889_7222479.gif

美術館が誕生したのが1979年
なのでちょうど30年。
それを記念して
代表的作品約400点を一同に展示
近現代・古美術あわせて14000点を超えたんですって。

バブル時代購入したミロやダリの絵はもちろんのこと。
携帯電話のデザインで話題を呼んだ草間彌生氏他
(余談:その携帯って1台100万・10台限定)@@                    
宮本武蔵殿・野々村仁清エトセトラ・・・
                                       

                                       追記の追記(^~^¥  





  


  発見したのは
  我らが団塊世代の作家たちの作品群が
  た~くさん!
  たとえ
  どんな時代であろうとも
  芸術は生まれるもので
  ありましょうが・・・

  さすがベビーブームと呼ばれた時代。
  日本がロケットのごとく突っ走った時代。
  昭和の好さも悪さも一抱えにして
  ある意味自由奔放に泳がせて貰った時代。
  ちゃんとこうして美術館に
  収められるレベルの作品が存在している。
  これって、なんか嬉しい。*・。♬♪
  首が左右に揺れても????(・_・?)な感じの
  前衛芸術作家が多かったのですが~

  世間が認めた芸術にとやかくは申しません 笑
  
  胸にドキューンと迫ってきたり、
  うっとりと幸せにしてくれたり、
  ため息の出るほどのテクニックだったり(素人観) 
  ・・・・このぐらいかなぁ~
  これが拙いワタシの審美眼。 
  これがワタシにとっての良い作品であります。

  あ・こんなのもあり。 
  それは、機械仕掛けの作品。
  (ガラクタ芸術・・ゴメン・・又の名をジャンクアート)

  美容師の見習いが稽古に使う樹脂製マネキンの首から上。
  もちろんやや長めの髪が生えています。
  それが逆さまに吊るされていて・・・
  スタートボタンを押せばカキンカキンと左右に回転。
  金髪はゆれ、「なんでこんな目にあうのか」わからない
  マネキンさんの目はうつろ・・・。
  あまり幸せな気分にはなれません。 笑
  でも
  いつもこの作品の前では
  スタートボタンを押さずにいられない自分がいたりして・・・ハハハ
  
  その他モロモロいい機会でした。
  この美術館のレストランから見下ろす大濠公園はお気に入り。
  ひとりでお茶をしながら湖水の輝きを眺めながらの一時。
  やはりたまには出かけなければイケマセンね。

  
  
   追記  後で、出品目録を見渡しましたところ・・・
        ありました。
        例の逆さ吊りの作品(シツレイ)が・・・。

        正式には、 なんとこのような題名が
        「ソフィア・ローレンの悪夢」!
 
        嗚呼お気の毒なソフィア・ローレン
        あんなに上手い役者はいないと思っていた
        ソフィア・ローレンさま。
        いつかお助けに参じまする<(_ _*)>

        にっくき作者=ジャン・ティンゲリー 
        使った材料=鉄・ゴム・ブリキ・木・プラスティック人形・布
                電球・モーター・車輪   

        人が捨てた廃物ガラクタで芸術・・・

                ガラクタも芸術家にかかれば芸術なんだゾ
                     ばかにするな。。。。ガラクタ


                    m<(_ _)>m ハハァーーッ

追記の追記    わたしはいっぺん聞いてみたい。
             そのゲイジュツカに。

             お題というものは
             作品が出来上る前に考えるの?
             それとも
             完成した時点、よくよく眺めながら
             よし!これでいこう!と決めるの?

             そして美術館にそっと聞いてみたい。
             「ハウマッチ?」 ・・・・ヒッッ!!! バタン!●■=

             ジャン・ティングリーファンにどつかれるぅ 
                  
f0063889_7524390.gif


                         
by hiriko212 | 2009-09-27 11:30 | ミュージアム・展覧会 | Trackback
トラックバックURL : http://hiriko212.exblog.jp/tb/12013744
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 紅いわた 旅 其の弐 >>