燈籠(とうろう)人形


                   
                      
f0063889_8575243.gif


                福岡八女(やめ)燈籠(とうろう)人形を観てきました。
                (国指定重要無形文化財)芸題:「吉野山狐忠信初音之鼓」
                    よしのやまきつねただのぶはつねのつづみ

f0063889_981480.jpg


                此処は、八女市福島神社の境内。

                なんと

                この建物、舞台が終わればすべて解体されます。

                年に一度の燈籠人形の為の建物。釘は一本もなしとのこと。

                一階は、人形使いが動くところ。

                二階は、舞台。三階は、音曲鳴り物(三味線、太鼓、鼓)

                約250年前に始まり、一時途絶えるも

                復興され、延々とつづいております。 保存会に拍手!





                ささはじまりぃはじまりぃ~

f0063889_946356.jpg


f0063889_9472825.jpg


                まずは、かわゆい後見が、左右に現れりっぱなお辞儀。
                
                なにも言わないで座っているだけ。でもよう出来ました。拍手
f0063889_10303866.jpg


f0063889_105057.jpg


                狐が宙を行く!
f0063889_1051053.jpg


                あらずじは、義経千本桜四段目をご覧じあれ。
                判官贔屓の江戸時代、大当たりした3大浄瑠璃らしい…。
  
                ただ、文楽浄瑠璃を想像して観ると、チト、ちがう(;-_-

                伝統文化を守ろうと、日々努力と研鑽を積み重ねられた

                保存会の方々に感謝状と、努力賞を差し上げたい。(真似でしょう)
                (そんなんいらんけん募金じゃろ!) ははぁ~<(_ _)> 


f0063889_11342562.jpg

                大昔の写真。



         
        
f0063889_10552697.jpg


                 あほなワタシは、

                 「こんな可愛い七五三初めて見ました」

                 「この着物は、わしの小さいころのですけんね~。」

                 「ほぅ~~そんな七五三もいいですねぇ~写させて下さい」

                 「どうぞどうぞ」ニコニコ。

                 なぜか七五三と云うワタシを否定されない。

                 今年は、ワタシの孫の七五三。

                 コノアイディア(男物を着せる)いただき…かも…。イヒ

                 ホント あほですねぇ。

                 あの可愛い子、後見役で、舞台に。その衣装だったのですね。

                 因みに、おじいさんと同年代の可愛い少年たち。

f0063889_11363277.jpg


        

f0063889_1174684.jpg


                 今日、26日の夕刻は、街並みに竹灯りが灯ります。
                 この地域は、古い白壁の建築物が続く国選定重要伝統的
                 建築物群保存地区(舌噛まないように)笑
                 もちろん燈籠人形、夜の上演もあり。ちょうちん灯りです。
                 竹には、各々、手掘りで、透かし彫りが! スゴ!
                 きっと風情がありますよ。
                 来年は、夜の部を観てみたい。


                 




                 



                
                
by hiriko212 | 2010-09-26 11:22 | 和の文化
<< 昔着物 ファド >>