いと愛し…

                  愛しい愛しい雛の季節がやってまいりました。

                  昨日

                  遠くの町へ所要で出かける道すがら

                  一度出かけたことのある

                  白蓮さんゆかりの伝衛門邸の雛祭りを愛でに行きまして

                  ございます。

                  そこで…ワタシを待っていたもの


f0063889_13304699.jpg


                  逃げないでくださいまし。

                  ちゃんとシワが見えぬようぼかしております故。 





                  

                  短い一生でございます。

                  時には、こんなハプニングも

                  「いとおかし」。

                  勧められポカンとしている私たちに

                  係りの方は仰せになりました。

                  「昨日は、この姿になりたい方々が壱百五拾人も

                  お並びになりました。。。。今日は、何方も

                  いらっしゃいません。ひとつ如何でしょうか?」
              
                  ヤジ馬も外野席も何もありません。(あってもかまいませんが)


                  夫もわたくしも、断る理由など何一つございません。

                  連れの娘も、「あ・そう やっぱりね」という目。

                  カクシテ、紳士淑女の(?)お雛さまできあがり。



f0063889_13471044.jpg



                  へへへ ┐(´ー`)┌

                  冗談はさておき・・・・


 

                  お雛様は期待を裏切らなかった!

                  ボツにするのもなんですので

                  あらん限りの写真をのこしておきましょう。

f0063889_1353848.jpg
f0063889_1354610.jpg
f0063889_13544126.jpg


                                ( 明治天皇雛)
                            白蓮さんにとって明治天皇は叔父様にあたります。
                            なので特別の展示だったようです。
f0063889_1355109.jpg
f0063889_13555841.jpg
f0063889_13563576.jpg

                  真ん中の小さい人形(3cm)前日此処へ参加された由。
                  「あなたワタシと逢いたかったのねワタシもよ!)
f0063889_1358693.jpg
f0063889_13583159.jpg
f0063889_1359037.jpg
f0063889_13591294.jpg
f0063889_1411596.jpg

f0063889_142714.jpg

                  
                  興味のある方は、いま少しだけつづきがございます。
                  後ほどいくつかUP予定にてお付き合いくださいまし。

f0063889_14134833.jpg
                   
                  




                  つづきまして
f0063889_1935408.jpg


f0063889_18562416.jpg

f0063889_185846.jpg
  
f0063889_18591331.jpg

                  やっぱりあった享保雛。
f0063889_18593648.jpg

                  珍しいおかめ官女。時代がありますね。
f0063889_1927660.jpg

f0063889_19274359.jpg


                  驚くなかれ。これらの蒐集のほとんどは、たったひとりの

                  女御の持ち物らしい!!!参りましたでございますぅ<(_ _□)> 

f0063889_190099.jpg


                  まだまだあるけどきりがない。これにておしまい。 

                  長らくのお付き合いほんにありがたう。<(_ _)> 

                  お雛様をお迎えしたら花の春。

                  こちら九州では、旧で祝いますゆえ桃の花に白酒。

                  4月3日までお飾りします。

                                 
                                    

                  
                  
by hiriko212 | 2011-03-01 14:14 | 和の文化 | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://hiriko212.exblog.jp/tb/15589902
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by at 2011-03-01 14:58 x
まぁ~遠いところ ようこそお越しくださいまして
と言いつつ 近場をいいことにまだ行っておりませぬ
そこからちょっと足を伸ばしていただければ 我が家です^^
お二人の雛姿 す・て・き^^
お付き合いのご主人様もっとす・て・き
夫は多分逃げ惑うでしょう
続きを楽しみにしております
Commented by あ~ちゃま at 2011-03-01 15:51 x
素晴らしい!!の一言に尽きますワイなぁ~~  これだけの物を 間近に見られるなんて良いなぁ~羨ましいよ (^^♪
それに、もっと見たかったのは・・・見目麗しき 両殿下!!
ひりこさんとアラン・ドロンの君!?
Commented by ozwattle at 2011-03-01 19:30
ひりこさん、こんばんは^^
確かお宅にもたくさんのお人形さんがあったような・・・
昔のお顔って独特ですね。
流行り廃りってあるのでしょうか?

食器はわかるけど大工道具まであるとは・・・
それに座ったお雛様って初めて見ました(@_@;)
小さい子は きっとご縁ですね♪
先日拝見した ひりこさんの作品・・・
あの子、素晴らしかったな~

そして、今回もご馳走様~(笑)
お似合いですよ^^
Commented by hiriko212 at 2011-03-01 19:54
★風さ~ん♪
ようこそ~。そうでしたね。お近くにこんなにスゴイ蒐集かが
いらっしゃるとは、地域の誇りですね♬.*:・
女性は着物に縁があるけれど、
男性の貴族の衣装(裾をしぼめた袴姿)がとても新鮮で
夫は、まんざらでもない様子でしたよ♪
風さん!是非是非ご主人さまをその気にさせて!
Commented by hiriko212 at 2011-03-01 19:59
★あ~~ちゃま~~
ふふふ みめ麗しき両殿下。マンゾクですがな。
麗しのアランドロンさまは、すっかり
成りきっておられました。
ひりこさんと電化は、シツレイ殿下は、二コちゃんマークに
とても助けられました。(^0^)
Commented by hiriko212 at 2011-03-01 20:11
★ozwattleさ~~ん
おこしやす~<(_ _)> 
我が家のお雛様は今年は日の目をみませんでした。
選ばれし数人のみ。お許しアレ。。。
もう、仕舞うのにヘトヘトになってね~ (;-_-)

お雛様は、もちろん時代の顔がありますねぇ。
ワタシなどは、時代をさかのぼるほど、愛しくなります。
道具の雛は、現代でいうミニですが
職人が腕を誇示するのには格好の作だったのではないでしょうか。
小さい子、お目に留まりましたか?ありがとうございます。
展覧会に参加したその子たちを見物に行ったついでに
此処へ寄りました。そうしたら、あらら あんなことに 笑
冥途のみやげになりました。ハハハhhh
Commented by いには野 at 2011-03-01 22:12 x
皇族の血を引く白蓮さん 綺麗な方だったんでしょうね 趣のある
伝衛門邸 雛を飾るにはピッタリっですね これだけの雛飾り
凄いですね 我が家からチョット遠出をした所の水郷の町に行くと
今の時期 古い年代物のお雛様が飾られています 皆 大事に保存されているんですね、
Commented by hiriko212 at 2011-03-01 23:45
★いには野さん
こんばんは~♪ 伊藤伝衛門さんは、白蓮さんを迎える折
そうとうの私財労力を払われたご様子。
130年前に建てられたこの邸宅、水洗便所です。

いろいろなドラマを見ていたこの邸宅も
今では、こうして、一般庶民の文化の発信地として
市がお買い上げ。我らも恩恵にあずかっております。
いには野さんのHPの中の趣のある町、
一度は雛に会いに伺いたいです。
Commented by shige at 2011-03-02 22:11 x
すごいですねぇ~!やはりお金持ちの家はスゴイ・・!
数々のお人形さんがひりこさんをお迎えしてくれたみたいですね。
私が一番気に入った人形は、仮面をかぶった「生人形」です。はは・・・
Commented by hiriko212 at 2011-03-03 07:28
★Shigeさん
おはようございます~♪
受けましたでございます~~~(大笑い)
>仮面をかぶった((ナマ人形))
一応人形の部類に許されたようで…
ゲテモノ扱いされるかと思っていました。(^0^;)
Shigeさんも奥方さまと如何でしょう
きっと素敵な「生人形」ができあがりますよ~♬.*:・
Commented by ぽん at 2011-03-03 09:03 x
ありがとうございます。
このお雛さまのことらしいです。
やっと出会えました!母の実家にこういう御殿のお雛様があったんだそうです。もちろん、こんなに大規模なものではありませんが。
ちなみに、母の実家は愛知の三河なんです。
ずいぶん離れていますよね。
白蓮様というのは、どういうお方なのでしょうか?
Commented by hiriko212 at 2011-03-03 20:58
★ぽんちゃ~ん
御殿雛は、御殿がなければ成り立ちません。
その御殿、ケバイ御殿もありますがこのように木目の見える
立派な御殿になると…庶民には高嶺の花だったのでしょう。
ぽんさん!ご実家のその御殿雛今何処かに在って
皆を楽しませてくれてたらいいですねぇ。
白蓮さんのことを一言では申すには、チト難しい。
当時の新聞(夫に宛てた離縁状)などを参考に、
白蓮女史の生き様を垣間見ると、三者三様の立場から
いろいろ考えさせられます。 (-ι_-; ) 
Commented by Shigeko at 2011-03-04 09:33 x
おはようございま~す♪
ひりこさん、記念になるコスプレ、面白い~~☆
よくオットマン様が参加してくださいましたね。(不思議で(笑)→ラッキー☆)

お人形さん(お雛様も)はひりこさんの専門分野だから、
きっと心から楽しまれ堪能されたこととお察しします。
沢山のお雛様関係写真、見せて下さってありがとうございました。
Commented by hiriko212 at 2011-03-04 16:37
★Shigekoさん♪
ようこそ~。
ワタシたち夫婦、あまり深く考えないんです。
込み入って言えば、「思考回路楽天性動向」あはは…そんなことばあったかなぁ? 
「ばかばかしい」と思えないタチなんでしょうね。
こういうことって自然の成り行き。不思議でもないですよ♪
この後、(ワタシたちを見ていたご婦人たちのグループが
並ばれましたぁ~  笑)

お雛様の時期は、昔のお雛様に会いたくて
どこまでも、出かけて行きたいです。
時代が古くて良い雛は、そこに居るだけで、パワーを感じます。
それは造形的なただの人形ではなく、昔の職人の魂が宿っている。
オットいけない。人形を語るとつい力が入るのよShigekoさん♪
Commented by みゅうみゅう at 2011-03-06 00:49 x
それはラッキーな日でしたね。
一生の思いでの記念になる写真ですね。
私も願わくばお面を外したお顔を拝見したかったです・笑

それにしても立派な雛道具の数々。
それに凄いお屋敷。
佐賀城よりも広いのでは。
小さなお人形も3センチって親指程なんですね。
指先をじっと眺めながら想像していました。
Commented by hiriko212 at 2011-03-06 11:03
★みゅうみゅうさん♪
ちょっとばかしこっぱずかしい記念写真ですね 笑
そのときそのときを楽しみましょう…っていいながら
後で、冷汗かいたり、油汗かいたり、笑 
でも、これ、パパさんとご一緒に。おすすめです。(^-^)¥
そういえば
佐賀の徴古館しばらく行っていません。
そろそろ、すごい雛さんたちに合ってこようかな。
佐賀は、とても好きになりました。
みゅうみゅうさんのお勧めの佐賀城、きっと
なにかしら雛のイベント頑張ってあるでしょうね。

ちなみに、久留米にも江戸期の5cmの象牙の三つ折れ人形や
徳川家からお輿入れの際のお雛様があるのですよ。
でも、有馬記念資料館に眠ったまま。(寂)
ぼやいちゃった。┐(´ー`)┌
<< お勧めしたい大根ポタージュ サプライズ >>