ある日の夜明け前

                  「今日のお月様見た~?」と

                  天体フェチの友から電話が数日前にあった。

                  孫たちを、家へ送るとき

                  たまたま素晴らしい満月をメッケた孫たちと

                  「キレイネェ~!」を連発したばかりだったので

                  そう言うと

                  明日の明け方、暁、曙、まだ夜が白む前

                  金星、、満月たちを見るべし…。


                  見ましたとも。

                  明けの明星金星を東方に夏の満月を南西に。

                  まだ真っ暗な暁の金星はドッキリするほど大きくダイヤモンド10カラット!

                  夏の満月も風流!

                  近くの娘にも伝えていたのでどうせなら2人で観ようとやってきた。

                  ならばと、人工物ゼロの田園地帯まで月のひかりを浴びてとぼとぼと歩いた。

                  もちろんシート持参。

                  「Oh!なんと神々しい世界!!」

                  友は今頃満月のしずくを浴びた蓮の花に会いに行っているハズ。

                  ほんとうは、ポンッ…なんて開花の音、しないこと分かっているけど

                  ココロの耳で聴くのだろう。 相変わらず風流人。


                  ただ、その時に、彼女は「祈る」と言った。

                  私らを含め万物を良き方へということだろう。言っておくけど彼女は、

                  宗教家でもなんでもない。一小市民。

                 
                  ただ、右手に掲げた旗だけは

                  死ぬまで降ろさないと常々言っている。たぶん(憲法9条)

                  ワタシのように自分の身の回りのことにしか頭が回らない凡人とは違い、

                  ワタシとは異次元の思考を持つ人(尊) …と思っている。
                  
                  
                  月光に浮かぶ蓮の花の前でカシズク彼女の光景が目に浮かぶ。

                  

                  大宇宙にゴミのようなちっぽけな人間が

                  今、此処にポツンと生かされている。

                  
                  何故だか訳の分からない慟哭のようなものに突き動かされ涙が止まらなかった。

                  そうこうしているうち…。

                  東の空がやや白みはじめ、和のグラデーション。黒、青紫、青、オレンヂ

                  大袈裟に言えば…宇宙のパワーを頂いたような気がした。


                  雲ひとつない東の空が明けてくると、なんと!

                  ダイヤモンドの金星が、、、が…10カラットから…1カラット…0,5カラットへ・・・。

                  生まれてこのかた田圃の真ん中で座り込んで暁のお空を見上げたことなど

                  ついぞなく、なんと神秘的な!小一時間があっという間。

                  娘と過ごしたダイヤモンドのような一時であった。

                

                  その明け方、蓮の花を見ていた彼女に気が付き

                  早起きの農家のお婆さんが声をかけてきたらしい。

                  彼女がいろいろお話すると、小屋へ消えたと思ったお婆さんは

                  鎌を持ち出してきて花を切りだした。

                  びっくりした彼女はあわてて止めたけど止まらない 笑

                  道行く人の楽しみを奪うことになるからとご辞退申し上げたけど止まらない。

                 
                  ということで…。

                  我が家へもおこぼれが…。

                  満月のしずくを浴びた蓮の花。


f0063889_1615827.jpg


                  普通の花は、花の後に実を結ぶけれど

                  蓮は、同時に実をつける。「華果同時(けかどうじ)」 ☜ウケウリ

                  濁った水の中から清らかな花。

                  仏教思想に、欠かすことのできない花でもあるのですね。

                  

                  



                  

                  

                  
                  
by hiriko212 | 2012-08-05 17:01 | | Trackback(1)
トラックバックURL : http://hiriko212.exblog.jp/tb/17834762
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from あ~ちゃま at 2012-08-06 23:21
タイトル : ひりこ様
ある日の夜明け前 イエイエとんでもありません! 貴方はワタクシ等と比べると数段高貴な所で生きてますよ~ 素敵なブログで感激ですm(__)m そんな素敵な星空が見えたなんて・・・知らなかった(T_T) 昼間の大きな虹が見えた!と孫姫と大騒ぎ(*´∀`*) 大きなダイヤが見たかった!!! ひりこ様に会いたいなぁ~~ ビスク頑張ってるよ~・・・チクチクが上手くなりますように♥ じゃぁ・・・またね\(^o^)/... more
<< ちなみに… 夏祭りとお隣のおくさま >>