おお目玉。

                  キュウコク(九州国立博物館)

                  ベルリン国立美術館展へ行く。

                  九州初フェルメール、日本初フェルメール真珠の首飾り…と

                  煽られ 笑

                  昨今人気のフェルメールさまを謹んで観覧すべく

                  混み合うのを避け朝イチで行ったのであります。


f0063889_2264013.jpg

f0063889_2274042.jpg

f0063889_23411068.jpg




                  出入口はわんさかわんさか

                  フェルメールグッズ どこもかしこも↑の写真だらけ

                  ハンカチ・メモ帳・ファイルはもちろんメガネ拭き…

                  すごいなぁフェルメールさまの威光って…などと思いつつ入場。




                  

                  







                 





                  イタリア・ルネッサンス バロック・ロココ

                  宗教色の強い作品が多い。

                  肖像画にも時代が反映されて、名画が放つオーラは

                  やはりそれなりに存在感があるわ。

                  して

                  我らがフェルメールさまは何処?

                  けっこうなひとだかり。いらっしゃいました。

                  
                  ・・・・・・・・・・・・・

              
                  なんだか寂しいトーン。想像よりくすんだカンジ。

                  真珠は真珠でももう一作の耳飾りとこの首飾りでは全くちがう!

                  イエイエこれはあくまでワタクシ個人のたわごとでございますヨ。

                

                  光の扱いを絶賛してはあるけど、、、  

                  他の作品のように鮮烈に迫る迫力がない・・・・よーな気がする。

                  ベルリン美術館の誇る一枚にケチつけてどうする。

                  ただ…少女のやさしげなまなざしだけは

                  いつまでもココロに残る絵でありました。 真筆ただの36枚。


                  へ ?

                  これ一作だけ?   

                  フェルメールさま?

                  
                  念のタメ係りに聞きましたよ。

                    
                  「そーなんです。よく聞かれます」

                 
                  なんかきつねにつままれたカンジ…。

               
                  「フェルメールの一枚は大目玉だったのネ」


                  他にイタリアルネッサンスの巨匠ポッティチェリの「神曲」素描、

                  ラファエロetc 。

                  歴史的有名作家のもアリだけど、素描など質素なもの多し。

                  華やかなロココの貴族描写などはほとんどなし。

                  神話、宗教色強の彫刻、細部の緻密さには魅了されるワ。

                  大昔、人は、菩提樹に彫っていたのね。

                  



                  さすが6年目にして1000万人を突破した

                  日本で4番目にできた九州国立博物館。

                  来館者には、概念に囚われず親しみやすさをアピールし

                  大成功の博物館。 あなたの勝ち!


                  ながれに逆らえず 笑

                  ワタシもゲットしましたわよ。お土産グッズ

                  ちょいとアマノジャクなのでフェルメールではなく

                  こんなものを…メガネフキとバラのハンケチ 笑


f0063889_04612.jpg


                  



                  
f0063889_23371838.jpg


                  
by hiriko212 | 2012-11-23 00:08 | ミュージアム・展覧会 | Trackback
トラックバックURL : http://hiriko212.exblog.jp/tb/18192922
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 秋の便り つづき >>