お里がえり  その壱。

                 

                 その昔、日本の文化にぞっこんのアメリカの大金持ちさんに

                 た~~くさんのお宝が渡りました。

                 そのおかげで日本人は、自分の価値にめざめたのでしょう。

                 

                 たびたび我が国のお宝をたかだかの保険と借り賃をだし

                 わたしたち拝ませていただいております。

                 でも、タイムカプセルからとびだしたいろんなお宝は

                 目にも鮮やか。


f0063889_14371454.jpg



                 お国に眠っていたばかりではこうはいきませんよね。

                 他国のお金持ちに感謝すべきでしょう。

                 しかも、ポンと美術館(ボストン)に寄贈ですからね。


                 むかし、大英博物館に行ったとき(ツァー)

                 日本の芸術品がどんだけ奪われてるのか(!!☜過激)

                 そこだけシンから覗いたっけ。。。

                 歳とった今(穏やか 笑)では・・・

                 逆に大英帝国に(^人^)カンシャ


            
                 ボストン美術館(九州国立博物館)の展示に合わせ

                 石橋美術館、有馬記念館とその時代の立役者たちの作品が

                 一斉に集結。

                 むかしむかしの文化を大好きな(決して詳しくはないヨただ好きなだけ)ワタクシ。

                 ふらつく腰をさらしに巻いて行ってきました   笑 。すべてネ。





f0063889_1441629.jpg

f0063889_1441559.jpg

f0063889_14424422.jpg




                            (有馬記念館(久留米)は、主にモノトーン(水墨画)と茶器。
                            記念館から梅林寺までは、自然豊かな筑後川沿いを歩く。
                             
                            新幹線と在来線。湯布院の森号が頭の上を通過。
                            このような角度から眺めたのは初めてで、爆音に@@@@)

                 

                 おはなしキュウコクボストン美術館展に戻りまして…


                 改めてむかしの立役者にぞっこんです。

                 仏画、仏像はワタシにとって猫に小判。

                 ワタシがワクワクしたのはふたつの絵巻。

                 そのうちの「吉備大臣乳頭入唐絵巻。」☜これにゅうとうではなくにっとうと読むのね。

                 なんとも漫画チックで微笑ましい。

                 空想で空を飛ぶふたりの大臣たち。陰からこっそりのぞく大臣の目のおちゃめなこと!。


                 
f0063889_14352338.jpg



                 それにしても絵巻、展示のご苦労お察しします。

                 すべて見れるとは思わなかった…。


                                                     つづく。

                 

                 




                 

                 




                 
                 
by hiriko212 | 2013-03-03 14:55 | ミュージアム・展覧会 | Trackback
トラックバックURL : http://hiriko212.exblog.jp/tb/18713223
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< お里帰り その弐 三代目(碁盤カバー) >>