まむし草

f0063889_16221985.jpg今まで、まむし草とうらしま草を同一の山野草と勘違いしていた。
よく似ているが、違うところがある。
うらしまさんには、フライング用のながい竿がついているの。
竿があるかないかで、このネーミングの受けの違い・・・。
マムシグサor浦島草(うらしまそう)。 
この方は、竿を持ちあわせてないので、マムシグサ。
このまむしに似た苞の模様は、どちらも酷似している。

雄と雌があって、苞に水を注ぐと、
タラタラと垂れ流すのは、雄。
しっかと受け止めるのは、雌だそうな。
グフフフフ。奥が深いなぁ。
 

ピンボケにて・・・修行が足りませぬ。
          お許しあれ
by hiriko212 | 2006-04-24 16:51 | 庭・ガーデニング | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://hiriko212.exblog.jp/tb/1906474
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by バンコクM at 2006-04-25 10:48 x
まむし草、って気味がわるいわね。
浦島、って名前の夏咲く花(ショッキングピンク)がなかったっけ?
Commented by hiriko212 at 2006-04-25 12:00
Mさん可愛そうに花の色と形が、まむしに似てるばっかりに、いまいち人気が・・・。これが、薄いピンクのぼかし模様とかだったら、もうドンドン盗掘されて、こんなに残ってないかも。これも種の保存の手段か?
浦島って夏咲く花は、知らないよ。なにかとwったかな?
Commented by Basan at 2006-04-25 16:33 x
なんのなんの、これは決してピンボケではありませんぞ。ちょうど風が吹いたんです。実は私は、もっとひどいピンボケでしたー。^^
Commented by hiriko212 at 2006-04-26 06:46
Basanさん。おいたわりの精神まことにありがたきかな。風のいたずらでございますか。
やはり師匠だけあって、狛犬さまや、神社、鳥居のアングルさすがでござります。毎日手を合わせております。2礼2パンパン1礼?
<< むかしむかしの5月人形 若葉碧に抱かれて >>