昔ん着物が出番デス。

                        



                                  「昔の着物」コレクター(そんな大そうなモンは持ってません)として


                                  ずっと前からこの日を心待ちにしておりました。

                                  
                                  正式なお参り(?)は、向こう(婚家)で済ませているので

                                  この日は、云わばこちらの家族で、お参り方々デモンストレーション(笑)


                                  あ・そうそう 何のことかと申しますと、七五三

                                  向こうでは、上の孫(5歳)は、合う帯がなかったので服だったけど今回は着ていただこう。

                                  だって

                                 
                                  3歳と5歳。節目です。

                                  
                                  もう忘れちゃってるかもしれんけどここ3年

                                  ママのことや、いろんなことあったもんね。

                                  まずは無事にここまで育ってくれてありがとう。謝・謝





                                  上の孫、3歳のときに着用。…この時、帯なし白い被布。今回3歳が白い被布。


                                  素晴らしい簪は、友人Sさん作。感謝!敢えて箱せこなし。


f0063889_10544895.jpg


                                  下の孫お宮参りに着せた縮緬の着物。

f0063889_10564242.jpg



                                  上の孫ののは、きれいなきものを着れるとあっておおはしゃぎ♬.*:・

                                  なかなか古い着物に会う子供の帯って難しく諦めかけたところ…


                                  偶然にも、チャリティーバザーにこの帯がワタシを使ってよとでてました。

                                  もちろんお買い上げ。なんと¥300(^d ^)☜これナイショネ


                                 


f0063889_11411231.jpg





f0063889_11413279.jpg



                       
                                  日ごろやんちゃの(なな)、本日神妙に姉に従う 笑                             



                                  この神社(太宰府天満宮)は、外国の観光客が多く

                                  ののななは、タレント並でした 笑

f0063889_1119324.jpg



                                  ママも皆もうれしそう。

                                  婆も大まんぞく。


                                  どうぞこれから先も無事で、

                                  
                                  うちの子も

                                  よその子も


                                  世界中のこどもたちがすくすくと平穏に暮せますように
                                  



                                  


                                  

                                  

                                  
by hiriko212 | 2013-11-15 11:52 | 和の文化 | Trackback
トラックバックURL : http://hiriko212.exblog.jp/tb/20852966
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< その手があったか 歓喜のため息 >>