おまじない




                 マクロビオティック料理教室へ通いはじめて約2年。

                 基本の重ね煮をするとき

                 おまじないをします。(^ー^)

                 
f0063889_16532018.jpg



                注:右のごっつい手は元、青年ですから(念のため)(笑)


                先生「あめつち(天地)のお恵みと これを(野菜類)つくられた方の
                    愛念に感謝して 料理させていただきます。云々・・・」 生徒「復唱…」

                エイッ !  皆で気を入れます。 その後は願いを込めて合掌。

                ご存知マクロビとは、東洋の思想、陰・陽を反映させた料理法。

                最初、野菜(生物)に対して、あまりに謙虚な姿勢にとまどいつつも

                今では、自然に対する畏敬の念や、素直に野菜に生き物に感謝できるようになった。。。。ような気がします。

                もったいなくて、捨てるところがほとんどなく(皮や根っこや・・)ゴミがほとんど出ない。

                例えば、人参の肩、葉の付け根の黒い輪っか。

                以前は、包丁のアゴでそこだけ取っていたのを、今では、

                竹串の先で優しく(笑)除いてやるの。



                重ね煮は、ほんのひとつまみの塩(海水塩)を鍋の底と上(人参の上)に。

                それと、、、、料理をする者の愛情(思い入れ)で、

                えも言われぬ深い旨みが生まれるのですよ。(冷蔵庫で5日ほど保管可能)


                今日の重ね煮は、底にえのきだけその上にたまねぎイチバン上に人参(人参は、山のよう)

                弱火で40分ほど蒸し煮。 其々の鍋で不思議と味が違うのです(・_・?)

                上の人参が煮えれば軽く天地がえし(上下をひっくり返す)すぐにバットに広げる。


                さぁ その重ね煮を元にその日は

                玄米わらび入り混ぜご飯 ・ 押し麦のミネストローネ ・ ひよこ豆のコロッケ

                春菊と八朔のサラダ ・ 重ね煮のスコーン(☝)コレガイチバン!


                すべてに人参の重ね煮が入る。


                写真撮ったのですが、、、、、、アマリ、、、良くなく、、、というか、、、
                写し方がヘタで(お料理の写真苦手)又ネ。 (;-_-)


                


                

                
by hiriko212 | 2015-04-09 23:41 | .和んだこと | Trackback
トラックバックURL : http://hiriko212.exblog.jp/tb/23883212
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 鳥たちに会いに 歌舞伎&能&オペラが同舞台 >>