雨にも風にも負けず


                             ここしばらく引きこもっておりましたが

                             市の(福岡)美術館所蔵の(彫刻/人形)を展示するというので

                             重い腰をあげました。

                             他のブログの着画に触発されて(笑)

                             その日の出立ち。

                             断捨離しても未練の復活服 ボレロはとっくにボツになったけど

                             大昔の服で行っちゃえ!

                             着るもんないときゃ開き直りよ!

                             このサンダル。親指に咲いたビーズの花。履きたくてウズウズしていたのデス♪

f0063889_0263827.jpg



                             で、こうなりました。(笑)

f0063889_0273474.jpg



              
                             (^_^;)汗 こうやって見ると、、、横幅広過ぎ!

                             ま・いいか(^ᅮ^)

                             暑くもなく、、、街に着いたらば、雨が降っていたけれど
                             それも又よし。

                             台風一過なのか途中なのかすっきりしない天気に

                             閑散とした美術館。来年から2年半リニューアルのため

                             閉店だ。  

                             それを聞くとなんだか名残惜しいような・・・。

                             ずっと以前ここで教室展(人形)やったのよね。 

                             友としみじみ遠い昔を思い出す。みんな元気にしてるかなぁ。

f0063889_23562353.jpg



                             目的は、嬉野の弁財天蝋人形。 しかし・・・驚いた。

                             想像していたものとは、真逆のシロモノ。よく見ると(珍品)とある(笑)

                             その他の彫刻、人形、は、明治期から現代までの名だたる作家たちの作品が並ぶ。

                             その蝋人形だけが・・・。その横たわる超リアルな蝋人形の美女だけが・・・。

                             浮いているの。

                             まつげも髪の毛も歯も本物らしく生々しい。

                             全裸の首からピンクの大風呂敷(笑)を巻きつけ、斜めにかけて

                             大事なところを覆ってあるのですよ。

                             世は移り、春画が日の目を見。公の美術館で開催される時代。

                             濃ピンクの布は、よけいに卑猥ですわ(笑)

                             リアルにもホドがアル。 学芸員のご苦労お察ししますワヨ


                             あれ以来、律儀にも年に数度、特別展の招待券が舞い込みましたが

                             これからは? (^人^)

                             来月の肉筆浮世絵展。

                             だ~~~い好物(笑)  前期、後期。

                             何度でも観せてください。魅せてください。有終の美飾ってください。

                             あ・有終の美って、、、

                             まだまだ来年の9月までは健在ですから。。。

                             どうぞ皆さん。福岡市美術館へ。




                                          ※ 春画  公とはどこぞや
                                             どこあろう此処福岡市美術館なのだ!
                                             たぶん公の美術館での展示は史上初。                                                            
                                             ワタシは以前、ある小さな町で開かれた春画展を見逃さなかった(笑)
                                             見方によっちゃぁエロスの究極かも知れないけど
                                             髪の毛一本でも版画に出来ることがありえないぐらい緻密な技。
                                             なのに、ましてや陰毛(失礼)の一本一本は曲線。。。

                                             もう、奇跡としか思えない技だと思う。
                                             春画の依頼主は、主に裕福な者らしいので
                                             それはそれは豪華な装飾が多く(螺鈿等、虫メガネで見てしまった。
                                             もちろん主催者が、親切にも虫眼鏡用意してあったの。
                                             ワタシは、その時、こんなお宝を
                                             惜しげもなく見せてもらったことを
                                             とても感謝して帰ったことを思い出します。
                                             しかし、後日。
                                             その主催者は、近くの理解の乏しい者に密告(?)され
                                             警察の取り調べを受けた事を聞いたの。
                                             お気の毒だったわ。
                                             ちろんこのお話は子供の前で公然と語るには無理がある。
                                             モチーフそのものが人の世の裏世界。
                                             秘め事なのです。
                                             でも、でも、なんかもったいないじれったいなぁって
                                             春画の豪華絢爛な作を観てしまった者は
                                             純粋に…語りたいのですヨ。
                                                         
                                                         
by hiriko212 | 2015-07-18 08:30 | ミュージアム・展覧会 | Trackback
トラックバックURL : http://hiriko212.exblog.jp/tb/24259854
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 新聞の一面に・・・。 天然の美 >>