筑後地方のお茶(結納)

f0063889_13433066.jpg

     九州筑後地方の結納に持参されたお茶のかざりです。
     もっともっとすごいのもアリでしょうが、私達家族は、ぶっとびました。@0@
     え;え~~~~っ×◎○?▼:※☆~-・・・・

     上の娘のときは、超簡素化したもので、・・・・ このようなことは、特に合理主義の私達夫婦。

     済んだあとどうするの?なんて罰当たりで、俗っぽいことを心配した自分達を深く反省しました。

     普段、日本の文化だの江戸の虜になってますだのぬかしているわたくしめであります。
     これこそ、日本の文化ではありませんか!この無礼者!

     ちなみに左下方の空席は、ごりっぱな鯛が2匹(賀慶鯛)お座りになりました。 
     相手方のわが娘を思いやるお気持ちにたいして、モチロン真摯に。
     セオリーどおりに執り行いましたからご心配なく。

     こうなりゃ向こう3間両隣皆にお披露目いたしますか。
     でなきゃこのまま廃棄処分じゃあまりにもったいなくてUPいたしました。

     お目に留まったみなさまどうぞ、愛でてやってください。
     とくに、水引芸術・・・・・・すごいです。  めでたき昨日のことでありました。       

                                                  感謝。
by hiriko212 | 2006-06-07 14:24 | つぶやき | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://hiriko212.exblog.jp/tb/2434352
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by doyogama at 2006-06-08 16:33
娘さんのご結納、おめでとうございます。
水引芸術=心象芸術なんですね。(ぎんぎいろ)
Commented by hiriko212 at 2006-06-08 17:20
ぎんぎいろさまお久しぶりでございます。そしてありがとうございます。
超わたくしごとで、どうかな?と思いましたが、こういうのもありでいいかな?とUPしました。
心象芸術=日本人の魂(チョットオーバー)だと思うと、なにかしら心に沁みますね~^-^
Commented by みゅうみゅう at 2006-06-09 09:07 x
おめでとうございます。
お茶って何だろうと思っていtら、九州地方の結納の言い方だったのですね。
結納飾り、素晴らしいですね。

嫁ぐ日の  思い出される   幼き日
Commented by Basan at 2006-06-09 12:29 x
おめでとうございます。この日がやってきましたね☆
こんなにも豪華な結納は、初めて見させていただきました。同じ福岡でも、筑後はすごいんですね。お人形さんは博多人形でしょうか。

結納の 朝かがやけり やまぼうし
Commented by hiriko212 at 2006-06-09 14:08
みゅうみゅうさん。ありがとうございます。
結納=お茶がくる という言い方をします。
形式ばったことの苦手な私どもにこのような豪華な品が届くとは・・・。
もったいないことでございます。ただただ感謝!

つたない川柳を・・・  髪は姉 着付けは母で 美容師泣かせ  (恥)
Commented by hiriko212 at 2006-06-09 15:16
馬山師匠 みてきたような ことをいい (江戸川柳パロディ)

実は、びっくりしました。
他にお花は飾りましたが、メーンのこころの花は、東向きの出窓に残りしたった1輪のやまぼうし(前出し)だったのです。
旭に輝けるその一輪をプリントし、友に送ったところです。
Basan師匠ありがたう。ではつたなき私流川柳をば・・・

口上の ひたいに汗 おやじどの・・・両家の父親が、カンニングペーパー
                       握り締めておりました(笑)


Commented by バンコクM at 2006-06-11 13:40 x
おめでとうございます!
(数日パソコンの前に座れなかったのでおそくなってごめんなさい)
なんとも超豪華な結納品ですね~。
素晴らしい水引の数々、捨てられませんよねえ。
実家にも母がなくなるまで、私の結納品がず~っと残してありました、、。娘を嫁にだす母親の嬉しくもさびしい複雑な胸中が窺われます、、、。感無量
Commented by hiriko212 at 2006-06-11 22:08
Mさんどうもありがとうございます。
私たちにとって、分不相応な結納でありました。合理主義とはいえ、
品々を前にすると、しみじみと現実を認めざるをえなくなりますね。
その時の親の心境がよくわかります。
そういう歳に我々もなりました・・・。感慨深いです。 あとは、幸せ願うのみ。
Commented by れんげ草 at 2006-06-15 12:06 x
ひり子様初コメです。結納をお茶がくる!初めて知りました。おめでとうございます。素晴らしいですよね。これぞ日本の伝統ですわね。私達の地方は親戚などが前の人の幸せにあやかり、次々使いまわしをします。
合理的なのかケチなのか・・・分かりませんが。
次は結婚式ですね。楽しみですわ!
Commented by hiriko212 at 2006-06-16 10:13
れんげ草さん。うれしい~!初コメントに感激しております。
>次々使いまわしって、、、なんて合理的で、ものを大切にする風習なんでしょう!
私は、それに両手を上げて大賛成です。ヽ(´ー`)ノ
れんげ草さん!このようにPC上で、瞬時にどこかの町の知らない方とおしゃべりが出来て、、しかも幸せを分かち合えて。。。自分の事のように喜んでくだる・・・。。。(^_^;)。 嗚呼良い時代に生きてます。 感謝!

これからもどうぞちょくちょくお出ましくださいネ。お待ちしております♪
<<  こっちのみ~ずはあ~まいぞ    午後からの山歩き >>