ちょう人気のちょうじゅうぎが展




                     ぷは~~~~~っ

                     土曜日の昼下がり。

                     はなまるてんき。紅葉真っ盛りの我が家の小さな庭に

                     おてんとうさまが眩しいよ。

f0063889_1585925.jpg


                     お茶の稽古を終え着物を脱いで・・・

                     チビギャングたちもどこかへ出かけほ~~っ

                     稀なる自分時間には、ご無沙汰の我が愛しき拙ぶろぐへ向かう。

                     思えばもういくつかで今年も終わり。ハヤーーーッ(と誰もが言う)(笑)

                     イロイロあって更新が追いつかないのです。

                     先月はじめのこと。  ☜☜ コレ忘備録。

                     (九州国立博物館)へ行ってきた。鳥獣戯画 高山寺展。

                     
f0063889_1663647.jpg


                     漫画チックで超魅力的なこの絵は、平安末期~鎌倉時代初期。

                     一説には鳥羽僧正(覚猷)筆とも伝わるが。。。。。?(・_・?)

                     むかしコンビニのコピー機で複写したことがあって今でも時々眺めては楽しんでるの。

                     現代人をそれほど虜にする絵(漫画)(国宝)のナマを観に行った。

                     券をくれた人に7日(月曜日)がアナバ!と言われ2人(夫)で…。

                     アナバと思い込んで来た人であふれかえっていた(笑)

f0063889_1532456.jpg

f0063889_1535591.jpg


                    
f0063889_15361592.jpg

f0063889_15374023.jpg

                     

                        あはは~君たちうまい具合に役立ってるのね~

                            全くここに居て違和感なし。

                        ほんとうは、この漫画(風刺的な)のストーリーがあれば

                        と思っていろいろ探したのだけど(おエライ学者の解説とは違う)

                        ワタシのゆるゆるのお脳にぴったりなもの見つけられなかった。

                        1000年先、2000年先の凡人にもご自由にご解釈をということかな。




                        おまけ

                        。
                        
f0063889_15481247.jpg

                       
                    毎年、行われる 曲水の宴の傍の社にざぶとんの天日干し…。
                                     のどか~
                    (この博物館は太宰府天満宮と繋がっているのです)

f0063889_155414100.jpg


                    大楠の根っこから青々とした蘖ヒコバエ?とちがう宿り木?とちがう
                    なんでもいいけどやけに美しい若い葉っぱ。。  が、わたしここよ~と呼んでいた(笑)

                                    


                        お付き合いありがとうございました<(_ _)> 

                     
by hiriko212 | 2016-12-03 16:20 | ミュージアム・展覧会 | Trackback
トラックバックURL : http://hiriko212.exblog.jp/tb/27163191
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 障子の張替えパート1 歌舞伎と個展 >>