金色の柱

f0063889_2232098.jpg

筑後川。

爽やかな秋の夕暮れ。

筑後川の一番古い橋を通りかかるとき、

橋のうえで、信号待ちになると得した気分になるの。

ヤッタネッ!と指パッチンしたい(デキナイケド)。

夕日から延びた黄金の柱がとびきりなのであります。

前だしの山の帰り、友の撮った写真があまりに良くて、

私も挑戦してみたが・・・ちょっとお日様が沈みすぎだったか?
by hiriko212 | 2006-09-28 23:03 | 庭・ガーデニング | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://hiriko212.exblog.jp/tb/3436073
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Basan at 2006-09-29 01:01 x
おお、すばらしき黄金の柱!!風がないと水面が鏡のようになって、こんなにもきれいに写真が撮れるんですか。赤信号に感謝ですね。^^
Commented by hiriko212 at 2006-09-29 07:24
Basan師匠。ありがたき哉。
あまりの美しさに、この橋の歩道を生まれて初めて歩きました。
若いオニーサンもバイクをとめて見入っておりました。
調子に乗って今度はサンライズねらおうかな?
Commented by バンコクM at 2006-09-29 10:12 x
いい写真ですねェ。
朝陽、夕陽、星や月、雲、樹々の緑にわたる風、、、草のにおい、、、それから、、、。
大自然の美しさには、だれでも虜になります♪
Commented by hiriko212 at 2006-09-29 16:13
Mさんバンコクの夕日は、どんなでしょう?
ウォーキングコースの農道は、稲穂が段々色づいてきて、季節の変わりを通り過ぎる風がおしえてくれます。帰り着くまで、「つるべ落とし」との競争です。

Commented by れんげ草 at 2006-09-29 18:34 x
ひり子様、自然がご機嫌いいときは素晴らしい贈り物をくれますね。初秋夕暮れ時のチョット悲しい様な美しさ!
有難うです。
Commented by hiriko212 at 2006-09-29 23:34
ほんとうに、大自然を前にしては、ただただ黙ってため息をつくばかりでございます。
ご機嫌を損なわれしときは、ただただ怯えて、祈るばかりでございます。

れんげ草様。しばしのあいだ、暮れ行く秋の夕日をともに愛でませう。
Commented by ひまわり at 2006-09-30 02:30 x
この風景スイスではまず見れない、太陽は山の向こうに沈むもの・・・。
山の夕映えはそれはそれできれいですけどね! 紫色になって。
いつも懐かしい風景ありがとうございます。

Commented by hiriko212 at 2006-09-30 20:37
ひまわりさんようこそ。昨日スイスにおじゃましました(笑 ミュンヘンのオペラ夢ものがたりです。あこがれますう~♡ アルプスで見た真夜中の☆*゚¨゚゚ 星は、夢ではありません。深夜丑三つ時・・・そっとベッドを抜け出し、夜空を見上げると・・・ナ・ナンこれ@0@!!こんな満天の星みたことない!!旅の連れを揺り起こし、とても感謝されました。
Commented by ぎんぎいろ at 2006-10-01 01:29 x
良きあじわいの◎◎人間のひりこさま、黄金の柱、ジパングな風景をありがとうございました。指パッチンしたい時間を生み出す
ひりこさんの感受性に私も出来ないyubi_pattin!をさせていただきます。 ! ! !
Commented by hiriko212 at 2006-10-01 10:08
アハ・ぎんぎいろさん♪そうです。
良きあじわいの中古人間をめざしております。
赤瀬川氏(TV人生の歩き方)曰く、ぴかぴかの新品(カメラ)よりは、使い込まれ手に馴染んだもののほうが、よいというのです。
人間もシカリ・・・ただ、 普段の手入れは欠かせません 時には油も注さなければ・・・笑

そこでわたくしめも・・・心身頭脳ともにだいぶヨレヨレになりつつはありますが、
心機一転、中古に誇り(埃?)を持とうかな・・・ナンテネ(^ᅮ^)
<< 隣の犬はエライ 久々の山歩き >>