くつろぎ処

アジアに近い福岡には、福岡アジア美術館がある。
只今現代中国美術展を開催中。
f0063889_15353967.jpg






ロン・ジュン(冷軍)の「モナ・リザー微笑のデザイン」(油彩)を見て、
その精密描写の凄さにカルチャーショック。
今日本にこれだけ力のある精密描ける画家がどれほどいるのだろう?
芸術性云々はあと回しにして(というより私には難しい)
モノを正確に見れるかどうかの原点に立って見よう。
髪の生え際毛一本の、毛糸のケバの、やわらかい肌の、すべての質感に・・・驚愕
ただチト服が・・・ダサいような気がするのは、私ダケ? (チョット待って・・・そんな大胆な!?)
ロンさま。いらんことゆうてすみません。

では、
私なら、どんな服を着せるか・・・。(お叱りを覚悟。仮定、想定は自由^-^)
人民服ならいいか?・・それは時代に逆行。では、チャイナ服?う~んあまりにローカル色濃。

この高貴なお顔立ちに似合う服は・・・
明治大正時代の、渋くて大胆な柄いきの着物姿に決まり!それしかない!
(それってアナタ時代に逆行して、ローカルム色ンムンではないですかぁしかもお国びいきぃ)

多分ロン氏がこの毛糸の刺繍のセーターを選んだのには、
シロウトなどには、計り知れない奥深い、試行錯誤があったのでしょう。

しかし、この作品を 作者がデザインと銘打って正解だと思う。・・・ダ・ウ゛ィンチとは違う。

ポスターよりか、作品を目の当たりにして、そのリアりティに圧倒され、暫く動けなかった。




f0063889_21161682.jpg

美術館のフロア隅には、こんなお休みコーナーがいくつかあり、おちゃめなワタシの親友は、
すっかりくつろいで(笑
f0063889_21163641.jpg

かなりケバ系超明るめバングラデッシュの人力車お乗りになって撮影どうぞとありましたが・・・
f0063889_21165919.jpg

(裏)。。。さすがに勇気がなく、小心者の自分を恨めしく思ったのでした。この次はゼッタイ乗るゾ!
by hiriko212 | 2006-10-04 22:12 | ミュージアム・展覧会 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://hiriko212.exblog.jp/tb/3480296
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Basan at 2006-10-06 15:14 x
天神でこのポスターを何度も見ましたが、これは絵だったんですか。画家本人の写真かと思っていました。
今度近づいてじっくり見てみます。それにしてもすごいですね!!
Commented by ヒマワリ at 2006-10-06 18:36 x
私は日本にいたころは、東南アジアをよく旅してましたが
福岡にいると他の都市よりアジアだ~ってかんじがします。
どんどん都市化が進みながらもそんな雰囲気を残している
福岡やっぱり魅力的ざます。
Commented by hiriko212 at 2006-10-06 19:23
馬山さま。
私も最初写真とばかり思っておりました。
ほんとに世の中すごい人がおります。 「神業」だと思いました。
ぜひぜひ作品の前にお立ちください。^-^
Commented by hiriko212 at 2006-10-06 19:37
ひまわりさん。
福岡は、最近とくにアジアに対してフレンドリー。又私達の中でもアジアブーム到来ということで・・・今年完成した九州博物館も、アジアを強く意識した造りになっていますよん♪ それにしても見聞広そうなひまわりさん!
<< 私の散歩道 ルートA 隣の犬はエライ >>