大樹の行方

f0063889_1602694.jpg

車で通りかかると、珍しい光景。 さぁ じっとしてはいられない。
早速カメラをつかんでイザ・ユカン





f0063889_161665.jpg

大きな樹が人の手で・・・・・ばっさばっさと・・・・終焉を迎えておりました。

f0063889_1612685.jpg

大きな樹の下には、材木ヤ 家具ヤ 製材所のトラックが並んでおりました。
皆大木が倒されていくのを見守っておりました。それぞれが生業であります。

f0063889_162714.jpg

作業を見守る元乙女と少しおはなししました。お礼をいったら
「いいえお茶も上げませんで」とピースされちゃった。

このおうちさぞや明るくなっただろうけど・・・
明日から、このうちを豊かに覆っていた楠のみどりにはもう会えない。
切ろうか切るまいか毎日悩んだのだろうなぁ。

 ☆ くすのきのつぶやき
   
☞  「おれさまも潮時だったつばい。
   これからなんかのお役に立つでっしょけん
   ここへんでさよならですタイ (゚_゚i)」 ☜
by hiriko212 | 2006-10-22 16:47 | つぶやき | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://hiriko212.exblog.jp/tb/3609472
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ヒマワリ at 2006-10-22 17:22 x
うちにも楓の大きな木があって、以前住んでいた家族の
おばあさんがとってもこの木を愛していたのよー、
大事にしてもらえると嬉しいわ、ってことでした。
いつか切らなきゃならないけど家具になって
生まれ変わることもできるんですのう。
Commented by hiriko212 at 2006-10-23 07:43
ひまわりさん。♪
「大木きります」って看板を見たことあります。
あまりいい感じしなかったものだけど・・・・。
あとかたもなく消えていく工程を最後まで見届けると(暇)、
その合理的さばき方にいたく感心したのでした。
ちなみにこの楠約100歳ということでした。
Commented by バンコクM at 2006-10-23 20:48 x
残してあげる、どこかへ移す、って選択肢はなかったんでしょうかねえ、、、うるうる。
Commented by hiriko212 at 2006-10-25 07:46
Mさん☆*゚¨゚゚   留守してましたよ。(名古屋)
改めて写真を見てみると、なんだかドキッとします。
100歳の樹に魂は宿っていたか否か?
Commented by みゅうみゅう at 2006-10-26 23:51 x
楠木って神様が宿る木と聞いたことがあったような?
家の近くに木を植えると根っこが家を持ち上げると言っていましたよ。
床から枝がにょきにょきっと出て木にあわせて改築した家がテレビで写されていました。
Commented by hatsumimi-kun at 2006-10-27 12:47 x
なんてラッキーな!!
っていうか、やっぱりエブリタイムあなたの側にカメラが・・・
私も絶対撮ってたと思ったら、クスッと笑えました。
どうか、この木に少しのお神酒と合掌を。。。きっと許して下さいますよ。
Commented by hiriko212 at 2006-10-27 19:03
みゅうみゅうさんΩ 神様が宿る樹は、さすがにちがいますねぇ。
木にあわせて改築した家、わたしも見たかったです。
にょきにょき出てきた枝は、育ち続ける・・・う~~ん悩む
改築って・・・イッタイどうするんだろう?(・_・?) ・・・眠れない・・・笑
Commented by hiriko212 at 2006-10-27 20:00
はつみみさん◎そのとおり。 
わたしのカメラは、ときどきイジワルしてくれますが、
「いつもあなたのおそばに」ということで、私の傍を離れようとしません 笑
ただ、ご機嫌が悪く、ピンボケしだすと、容易ではありません。
くすのきさん。ほんとうにあなたのことわすれません。おつとめごくろうさまでした。
<< ふたたび門司へ つりばなと眉はけ草 >>