柳原白蓮と伊藤伝衛門

  旧伊藤伝衛門邸を市がお買い上げ邸宅を開放ということで

  柳原白蓮、伊藤伝衛門に再び脚光が・・・

  
f0063889_20164797.jpg

              嫁したころの麗しき柳原白蓮。
 
  
  先妻を病で亡くした筑豊の炭鉱王と、

  バツイチの華族出身の麗人。しかもその麗人は歌人。

  お互いに欲しいもの(足りないもの)を求めあう同士が、縁ありて結ばれる。

  そのとき、おん歳、片や51歳、片や26歳でありました。

  もうこの時点で、ドラマです。

  
  



   
   
                
 
f0063889_7355522.jpg

  敷地面積約2300坪 床面積約300坪 明治30年~昭和初期まで建造増築改築。

    
    面白いのは嫁ぐ際の条件。

    水洗トイレ。朝食はパン食(当時パンやさんは近くになし)遠くの街まで買出し。

    まぁ、他人さまのことではございますが・・・。

    離縁状などをたたきつけた彼女に、

    世間は騒ぎ、白蓮さんへの同情よりむしろバッシングの嵐。

    伝衛門さん贔屓 白蓮さん贔屓 いろいろありましょうが・・・。

    この度めでたく両家の子孫が握手ということで、(地方紙3面記事に掲載)

    遺恨を残さず新たな出発と相成り候。
f0063889_7483410.jpg

f0063889_751877.jpg

f0063889_7203324.jpg

    彼女の為に一等地のお部屋が用意された。2階日当たり良好。当時遠賀川が望めた。
f0063889_722529.jpg

    お部屋から外を眺める。中は撮影できません。 白蓮さん在10年。
f0063889_7393520.jpg

               無垢に咲く花壇の花(^-^)

 そのような世間バナシのあれこれよりも

 ワタシにとっていちばん興味あったモノ

 それは人形です。

 この婚礼の際京都の人形師(丸平)が一世一代精魂傾け造り上げた人形
 (本有職雛脱着せ立像)

 離縁の後、行方不明になっていたが、最近になり所在判明。

 86年ぶりに里帰り。13日までの短い滞在らしい。

 ・・・・暫くは座り込んで動けなかった。

 圧倒的な技術力、人形師としての自信と誇り。

 そして・・・この人形は此処に現れて、我々の前に立ちたかったのではないかと

 思えてきた。


  追記   

  
f0063889_17502760.jpg

      歌ではありませんが、宮崎氏へ送られた文

   「こんな おそろしい女 もういやですか いやならいやと 早くおっしゃい

    さあ どうです お返事は?」   

    こんな文が残っていたなんて・・・嗚呼・・・。



   追記の追記


   今日現在2014年4月晦日。タイムスリップしてやってきました。

   上の記事から既に7年が経っております。

   この記事のアクセス数が多くびっくりです。(☉ ౪ ☉)

   最近始まった朝ドラのせいでしょうね。

   お暇な方はゆっくりしていってください。お茶はでませんが (笑)

   赤毛のアンに関してはこちらや こちらも ┐(´ー`)┌  

  
by hiriko212 | 2007-05-10 08:09 | 旅行 ・おでかけ | Trackback(1) | Comments(10)
トラックバックURL : http://hiriko212.exblog.jp/tb/5345319
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from あ~ちゃま at 2014-06-11 23:52
タイトル : 久しぶりの・・・
柳原白蓮と伊藤伝衛門 hirikoちゃま 久しぶりのトラックバックで御座います^^ ちまきのお話から・・・あんなに手間が掛かってるんじゃ高くても仕方ないか と、思いながら・・・粽にお醤油を付けて頂くなんぞビックリです! そこから7年前の粽の記事に飛んだら、、ここに辿り着きました♪ 今でしょう!笑 旬の白蓮さまの記事面白く拝続致しました では、では・・・・、 ... more
Commented by ヒマワリ at 2007-05-10 18:24 x
白蓮さんの話は読みました。
こんな素敵な邸に住んでたのね、花壇の花はちと洋風かな。
場所はどこなんですか?
Commented by hiriko212 at 2007-05-10 23:09
ひまわりさん♪♬.*:・∵
柳原白蓮は映画{麗人」 TV「真珠夫人」 ・・・どちらも見てませんがモデルだそうですよ。なにより驚いたのは当時の炭鉱王のお金の使い方。われら庶民は、後々その栄華をフ~ンフ~ンとため息つきながら拝ませていただくだけです。よくぞ市がお買い上げくださいました。毎日見物人の行列です。
Commented by Basan at 2007-05-11 02:38 x
行かれましたか。私はまだですが、いきたいなあ。^^;
白蓮さんの話にはとても興味があります。以前いろいろ考えました。
当時の新聞で絶縁状を読むとすごい女(ひと)と思いましたが、今は愛着さえ覚えています。・・・歌を愛し人を愛したかわいい人ですね。^O^
Commented by hiriko212 at 2007-05-11 07:19
Basanさん 幵 艸‥♬
たしか馬山さんのHPにあったと思い、行く前に読ませてもらってお出かけしたのですよ。私も肉声が聞きたいと思っていたら、ショップで、晩年の白蓮さんの肉声が流れておりました。当時としては珍しく自分を貫いた人ですねぇ~。白蓮さんに会いに行ってください。5月は無休。6月からは変わります。我が家から1時間で行けました♪
Commented by nonbiri-mama at 2007-05-11 09:41
こんにちは!
とても興味深く読ませていただきました。又一つ 知ってみたい読んでみたいのミーハー精神が刺激されました。
近ければ見に行けるのですが・・
昨日はお嬢様の確か誕生日でしたね。私のところは仕事帰りに
母の日に行けないからと 私と連れ合いに 花束を貰いました。
スーパーで売っている小さくて ショボイんですけど
やっぱり嬉しいものですよね。♪
Commented by いには野 at 2007-05-11 09:44 x
白蓮さん 初めて聞く名前です そちらでは有名な方なんでしょうね
私も年齢的には 何とかなりそうですが 財産的 容貌的に無理ですね(-、-;
まして かーちゃんの部屋も大した部屋作ってあげられなかったので
Commented by hiriko212 at 2007-05-11 17:38
nonbiri-mamaさん*:..。♡*゚
まぁ・お久しぶりです!ワタシは毎日お写真拝見してますよ♪益々ウデをお上げですね。
白蓮さんは竹久夢二の描くなよっとした美女風ですが、歌には赤裸々な真情がポロリ・・・。ドキッとした彼女の作を載せますね
プレゼント♪どんな豪華なものより嬉しいですね♪今年のママさんのプレゼントは何だったのかな?我が家の娘は只今つわり非難でこちらへ居候です。もう仕事(職人)もできなくて久しく、仲間からも忘れられたころだろうと申しておりました処、夜中に(PM10:30皆仕事中)コールあり、チョットまって・・・全員でハッピバースディの合唱が聞こえてきたとウルウルしておりました。こちらも貰い泣き (゚_゚i)
Commented by hiriko212 at 2007-05-11 17:47
いには野さん。+゚☆゚“
白蓮さんはだれひとり知人もいないこの地へ嫁いで、それまでの生活習慣の違い、伝衛門さんとの歳の差、価値観の違いに、どんなに栄耀栄華、ゼイタクな暮らしより、愛を選んだのですよ。いには野さんのおうちすごいお家に見えるけどなぁ♪
Commented by Shigeko at 2007-05-12 00:38 x
明治末から大正にかけて。
日露戦争頃「二百三高地」というヘアースタイルが流行ったそうですが、
この髪型ですね。
和服にも洋服にも似合いそう☆
キレイなカタですねー。
現代はともかく昔は「スキャンダル」だったのでしょうけど、
でも、でも、人の評判(うわさ?)はどうであろうと、
彼女は限りなく彼女自身であったわけで~、
誰もが理想どおりの人生は送れない様に思うので
こう言う人生もアリと、
おおらかに許してあげられる人にσ(o^_^o)はなりたい。
Commented by hiriko212 at 2007-05-12 19:15
ShigekoさんฺY+゚☆゚+Y
とても美しい方です。美しいだけでなくいろんなものを持ち合わせておられたのでしょうね。才能、情熱etc・・・
いろんな逸話があって興味をそそられます。ワタシだったらこんな御殿で女主人として何十人もの使用人にカシズカレ、好きなことがたっぷり出来たら、少々のハンディは片目つぶっちゃうカモ。でもそれはあくまでワタシがシガナイ凡人だからのハナシ^でして・・・^-^;
<< ヘルシー大学OB会 端午の節句 >>