濁流

f0063889_943766.jpg


 大雨のあとの、われらが筑紫次郎(筑後川)

 上流で災害があると、
 
 濁流が、根っこのついた木々やガレキを伴って逆巻き

 見るものを圧倒的なちからで脅かす。

 




 1953年の災害後、河川整備で水害はなくなったけれど

 橋を渡ると、その時を思い出す。

 
 筑後川が氾濫したとき・・・。風化してしまいそうなふる~~いハナシ。

 流されてきたものは、 ブタ にわとり うし 家 橋 屋根に乗った人(悲惨) 
 
 でも護岸の大木につかまり命拾いした人がたくさんいたらしい。

 今もその大木は神木として祀られている。(上流大分県日田市在)


 世間の非常時に
 
 まだ小さかったワタシはといえば(幼稚園児)

 今だから白状するけれど・・・非日常にたまらなくはしゃいでいた・・・・。


 ヒタヒタと浸水してきた玄関で、キャッキャッとはしゃぎながら

 一升ビンのふたで水を払った。  なぜか一升瓶の王冠なの。 (要領のワルイやつ!)

 そのフタの小さくてギザギザした淵がいまだに鮮明に記憶に残っている。

 その時家族がバケツで汲み出していたかは定かでない。

 記憶力に人一倍乏しいうえに
 
 戦時中のことや(言っておきますがぁワタシは戦後生まれ)辛いことなど
 あまり気に留めない家族だったのでその後話題にも上らない。

 むろん家族はそのあと私を連れて、非難したのだろう。

 世の中の古い写真は、すべてトトロハゲ(ところどころ剥がれている)と
 思い込んでいた。

 それが水害にあった写真の成れの果てと判るのは、ずっと後。

 脳天気でぼんやりもんのワタシの片鱗がそこに・・・。


 梅雨の終盤には災害がつきものだけど、
 上流がどうぞ無事でありますように。
 いやいやどこもかしこもご無事で・・・。
 今もラジオから、警報が流れています。


 上の写真↑と同じ場所から眺めた穏やかな顔の筑後川落日。
f0063889_1264054.jpg

 

 

 
by hiriko212 | 2007-07-06 12:32 | 庭・ガーデニング | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://hiriko212.exblog.jp/tb/5813821
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 小那美 at 2007-07-06 12:48 x
水害に未だあったことはありませんが、(数年前の博多の水害のときはちょうど休みの日でした)小学校の頃の先生が洪水体験者で、教えてくれました。小郡の端間駅近くも箪笥ぎりぎりの高さまで水がきたそうです。
今日は夕刻から久留米へ行きますが、筑後川におとなしくしてくれるようにお願いしてきますね。
Commented by Shigeko at 2007-07-06 19:02 x

>>非日常にたまらなくはしゃいでいた・・・・。
         ↑
      よ~く、わかる☆
モチロン私も全~く、戦争時代知りませんよ~ん。でも、なぜか?戦時中のこと最近(笑)毎日のように傾聴させられてます。ガスが止まったら「七輪」は必需品(だから新聞紙は捨ててはダメ!)ゴミ屋敷になる可能性があるから弟がでコッソリ、新聞紙は捨ててるの~(笑)水道蛇口の下に手洗い水を溜めた小さなタライがいつも置いてある☆洗面所使用するたびに私が水を捨て、タライもドケルけど、翌日また溜まってる~……(笑)配給品で飢えをしのぎヤミ市に買出しに行かない品行方正なウチだった……はぁー?!(Shigekoだったら飢えたら盗んでも食べるよ~、ママ!)夏、雨が降らないと断水するから、「汲み置きできる焼きモノの大きな瓶、買ってきたほうがいいんじゃない?」(今まで、まったく、聞いたことが無い話ばかりですぅー)

ニュースで見ました、そうですよね~、九州はスゴイ雨だったのよねー。写真を見てるだけで自然の脅威を感じます。自然、侮ってはダメですねー。被害がタクサン出ませぬよう祈ってます。
Commented by shige at 2007-07-06 21:48 x
あの時、私は山のふもとに住んでいました。
半鐘が下の方から聞こえていました。
茶の間から町の様子が見下ろせました。

視界に水に浸かった町並みが飛び込んできました。
それが何であるのか子供の私には
理解できていなかったような気がします。

皆さんが大変な思いをしておられたときに
私は高見の見物だったのです。スミマセンデシタm(__)m
Commented by hiriko212 at 2007-07-06 21:48
小那美さん_〆(。。)★.:*
嗚呼。思い出します。>端間駅近く宝満川の氾濫。中学時代でした。
友は、その時母を失い、後輩の家族も犠牲に・・・。災害時の激流の恐さを侮るなかれですね。
明日朝にかけて350mmの雨量ってどんなん?水不足で雨乞いをしたのが、効きすぎたのかもしれませんね。

Commented by hiriko212 at 2007-07-06 22:02
ShigekoさんฺY+゚☆゚+Y
傾聴ボランティアごくろうさまです。ストレスが溜まらぬようにご自分のためのリフレッシュもセットで考えましょう。ワタシもよく似た境遇なので、よ~~く分かりますとも。まだまだひとりで大丈夫と頑張っておりますので、弟と二人三脚です。プラチナ世代肩組んで共に歩いていきましょう(^0^)/
Commented by hiriko212 at 2007-07-06 22:12
Shigeさん☆彡。・゜゜・
高見の見物許してあげます(^-^)
Shigeさんも同世代なのですよね。
戦争を知らないが、S28ねんの災害には遭った世代。
山というとあのあたりの山かなぁ。でも半鐘の音を覚えていらしたのですね。臨場感があります。私は、一升瓶のフタ以外なにも覚えていないのが泣けてきます。(涙)
Commented by みゅうみゅう at 2007-07-08 03:56 x
凄い雨でしたね~
川が氾濫した話は引っ越してきてから始めて知りました。
玄関の扉の上まで水が来たのよと近所の人が指を指して「ここまで」と聞いてから、雨が降るたびに怖いな~と思っています。
大堰が出来てからは洪水は無くなったそうですが。
今日も筑後川の堤防を走っていたら、何時もある河川敷のゴルフ場が浸かってしまって、川幅が2倍ほどになっていました。怖かったです。
Commented by hiriko212 at 2007-07-08 23:07
みゅうみゅうさんΩ*:・'゜
いつもの事ながら雨ザンザンの線がなかなか九州からうごきませんね。
今日は、久々都市高速に乗りましたが、ず~~っと雨ザンザンでした。
きっと、今日の筑後川も川幅倍になって流れている事でしょう。
水不足は、解消マチガイないので、鎮まれ鎮まれです。
Commented by エンジュ at 2007-07-09 14:25 x
こちらは、かんぺきな空梅雨です。
ほんじつも、暑いでございます。
Commented by hiriko212 at 2007-07-11 06:31
エンジュさん巛*゚☆¨゚゚
おはようございます♪名古屋から夕べ帰りましたが、行くときから前線を引き連れて(笑)
土砂降りの中でした。帰り着いても雨、今朝も雨。でもワタシテキには被害なければ
猛暑に比べれば、土砂降りのほうがまだまし。。エンジュさん今日は、そちらも雨ザンザンのようですね^-^
<< こんなことが・・・ 刺激をもらった >>