音楽の都ウィーン

   *:.. 我が愛しの蝶々夫人

f0063889_10131040.jpg


      旅のメーンのひとつは、オペラ!

      このわたくしがこんなところで(世界4大オペラ座のひとつ)

      オペラ鑑賞だなんて、なんか・・・チト 不似合いのような・・・

      分不相応ではないかしら・・ 

      身の丈を知らない・・・グジグジブツブツ・・・

      

      



     ま・ここまで来りゃまな板の鯉ダイ!

     
     はりきりましたぁ~ おめかししなきゃルンルン♪(^ё`)♪

      ところが・・・

      持っていった櫛型ドライヤーが変圧器に5分しか対応せず

      美しく上品に内巻きに決まるハズであった私の髪は

      あわれバクハツパンク型へ変身(天パ)

      エェ~ィクソ(×)と開き直って蝶々夫人に会いにいきました。
f0063889_10282337.jpg

 なんと3階の一番手前のボックス席うぅ~ よすぎる~ハイテンション.。oO
 演者はすべてガイジン。
 蝶々夫人って外人の演出ではすこし無理があるかも・・・だって異人種には
 到底理解できない文化や感情や魂が・・・なんてことはさておき
 それを楽しんじゃおうではないの!
 いったい向こうさんは、どのように日本を見てるの?
 
 期待に応えていただきました。
 いろいろ(^-^;)
 うつくしいソプラノには涙がでます。
 ♪。.♬.♪:*:♪.♬・'゜♪゜'・:*♪
 いちばん印象に残ったのは、「あいさつ」
 お客様を迎える時の蝶々夫人の「あいさつ」
 まず
 両手を胸の前でクロスさせます。
 あくまで手先はピンとネ
 足は・・・そう・・・バレリーナの踊ったあとのごあいさつ
 思い出してください。
 とてもしなやかで女らしい。
 ただ・・・仏壇の前での合掌もこのポーズだったのよあなた!
 卒倒しそうに愉しかったのです。
 こんなカンジ(^-^;) ↙
f0063889_10525938.jpg

 トーン記号うん十年ぶりに書いたのでへんちくりんになりました、
 胸元は、はだけないようにちゃんと安全ピンで留めてあります。
 着物はスカートのようにギャザーが・・でも確かにあれは
 日本の古きよき時代の着物でした。
 その他大勢の演者の中に日本人を発見!彼女だけは、きちんと
 着物を着ていました。ガンバレ!ニッポン。

 休憩は、ワインや、好きなもの飲んでご夫人のおしゃれチェック
 ワタシら三人歓び組(なんでも喜ぶのでそう名前がつきました)は水。
 他の御茶ノ水女子大学組ならぬお茶飲み大学組三人はワイン。

 変わったお方がおりました。メーキャップが魔法使いのようで、
 ピアスを鼻まぶたにつけ痛そうで怖かったので撮影許可の声
 かけませんでしたが、皆さんの視線が気になるので下の方を
 見ると・・・う~~んまけた~~ハイヒールとブーツ!
 ソノ手があったか~~
f0063889_1113076.jpg

 個性をアピールするのに効果抜群の彼女でした。
 ワタシはといえば着物を一旦用意しましたが重量に負け脱落。

 さて、オペラの楽しみかたもいろいろあるもんだなと最高でした。
 それからのワタシたちは、その「ごあいさつ」がたいそう気に入り
 なにかにつけそのポーズで決めたのでした。
 ドジをしでかしたとき「ごめんなさい」(ポーズ)
 褒められたとき「そうかしら」(ポーズ)
 写真撮りますよハイ(ポーズ)

                          おちゃめな歓び組
 そのほか
 王宮寺院でウィーン少年合唱団の天使の歌声
f0063889_11413185.jpg

 ほんとうは、うしろの一番上の階で歌います。歌声は頭上から
 聞こえてくるのです。おじさまユダンめさるな!
f0063889_11445793.jpg

 終了のあと、中庭で、少しだけ天使たちに付き合ってもらって記念撮影
 名前も歳も聞いたのに◎×?忘れてしまって  全く困ったこっちゃ

 あとは楽友協会(恒例ニューイヤーコンサート会場)でのミュンヘンフィル
 曲マーラー他。でもここに集まったみなさんは、なんだかシビアで
 二階席はスタンディングオべーションをするのに一階席は誰も
 しません。他国のオケには厳しいのかも。ワタシにはわかりませんが・・
f0063889_11592621.jpg

 
 兎にも角にもてんこもりのおご馳走をいただいているようで
 いつかは夢から醒めるにちがいないと思いつつ
 ほんとうにワタシにとって身に余る経験でありました。

        思い出すままつらつらと書きなぐり読み返すと
             拙文にて赤面ナリ~~

         長らくのおつきあいありがとう(ポーズ) 笑
                         
                              懲りずにまた書くかも

       



 
by hiriko212 | 2008-03-03 12:29 | 観劇・コンサート・映画・音楽 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://hiriko212.exblog.jp/tb/7589390
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hiriko212 at 2008-03-03 16:34
satomifasoさん巛*・。♬・
ありがとうございました。
いろいろブログの友に教えてもらうことで、自分が向上していくのがわかります。そこで笑わぬように。 
すたんどとおべーしょんとおぺれーしょん この関わり2度と忘れませんから。感謝!<(_ _*)>
Commented by satomifaso at 2008-03-03 16:43 x
いえいえ、こちらこそ粗探しをしたようで恥ずかしく恐縮しています。
ところで、まさに、いいなぁぁぁぁ~状態です。私はワーグナーが大好きでして、一度本物を観るのが夢です。
とにかく旅行の感動が伝わってきて、ブログを拝見するのが楽しみです。まだまだ続きますよね!期待しています。
Commented by 小那美 at 2008-03-03 21:48 x
音楽三昧の旅行・・・羨ましいです。
長崎であってる「マダムバタフライコンクール」を見ても、言葉は外国語なのに感動して泣いてたり、、、音楽は国境を越えますね~。
Commented by hiriko212 at 2008-03-03 22:45
小那美さん_〆(。。)★.:*
ありがとうございます。コンクールがあっているのですね。三浦環さんの像が港を指差していますが、彼女のように日本人が主役だとまた見ごたえがあるでしょうね観てみたかったなぁ。小那美さんワタシも、言葉は分からぬのに泣いていました。切ない女心に・・・。
Commented by アキ at 2008-03-03 23:50 x
おかえり~! 無事に帰って来て良かった~♥
ひりこママ......そのポーズ、アキも一緒に写真が撮りたい。 笑
オペラ、一度は生で観てみたいな~。 言葉が違っても涙が出たり、やっぱり音楽とかって心で聴くものなんだね~。
Commented by みゅうみゅう at 2008-03-04 01:03 x
お友達とも一緒で楽しかったようですね~
羨ましい限りです。
蝶々婦人と言うだけに、
着物を着ていたら、半分ブーツの靴の彼女より注目の的だったでしょうね。
ご挨拶を日本中に広めましょう・笑
Commented by ひまわり at 2008-03-04 02:36 x
目いっぱい楽しまれたようでよかったです。
こちらでは歌劇場で観るほかに、
農家の大きな納屋や、古い城壁のある町の野外、
古代ローマ遺跡の劇場など、いろんなところで
オペラが開催されまた風情がありますよん。
Commented by hiriko212 at 2008-03-04 08:41
アキちゃん♪(*^ー^*)
ただいま。ガイジンの方とコミニケーションとりたいのにほとんど日本語でやりました。あぁ英語ができたらなぁとアキちゃんたちを羨ましく思いましたよ。そうですね。芸術、文化ってココロで味わうものでしょうねキット♡o。.
Commented by hiriko212 at 2008-03-04 08:47
みゅうみゅうさんΩ*:・'゜
ただいまです。2人が着物を持って行くということだったので、それではと一旦荷物に入れてみましたが・・・。結局全員が諦めました。でもお一人着物姿の若いご夫人が(ピンクの鮫小紋)とても素敵でした。あれはきっと在住の方でしょうね。
Commented by hiriko212 at 2008-03-04 08:56
ひまわりさん♪♬.*:・∵
おはようございます。そちらではより身近にオペラを楽しんでいるようですね。昔イタリアの小さい島でも劇場跡を見たことがあります。
最近はこちらでも、ちいさいコンサートがあちこちで気軽に開催。
普通のお宅でも。でもオペラとなるとなかなか・・・。
農家の大きな納屋なんていいですねぇ。観てみたいな。
Commented by ひまわり at 2008-03-04 20:58 x
今日は雪ですよ、雪! 寒の戻り。
ひりこさん&旅のお友達、ほんとに暖かくお天気よい時期で
よかったですのう。 皆さん日頃の行いがよろしいんですね。
Commented by hiriko212 at 2008-03-05 10:44
ひまわりさん♪♬.*:・∵
ひぇ~~っ!そうなんですか?やっぱり晴れおんなが6人中2人いましたのでね。恩恵にあずかったようです。
こちらも昨日はぼたん雪でした。朝一面銀世界を予想していましたがいつもの景色でした。でも寒の戻りは同じのようですね。ホテルのTVで毎朝アルプスの雪情報を流しておりましたが、雪が例年より少なめ。
これで、少し安堵? でもひまわりさん風邪にご注意ですよ!
<< ザルツブルグ編 オーストリア >>