お雛様


        珍道中あれやこれやはちょと休憩

 
f0063889_1246810.gif


        今こちらは、おひなさま祭り真っ最中。
        
        ほとんどの祭事旧暦で行われます。

        町おこしにお雛様が一役も二役も買われて

        とくに昔のお雛様は思わぬ出番にとまどいながらも

        古い商家の軒先に晴れやかに(?)鎮座ましましてございます。

       
       



 

     我が家のはとんでもなく古いのやガラクタばかりでございます。

    
 
付記

    時間差置いたのでここを見る人も少なかろうと
    極々プライベートのワタシの初孫のお節句をちょっくら
    残しておきたくてUP
    もしお目にとまりましたときには爺婆バカと笑ってやってください。
    
    ほんとうに田舎の慣習とはやっかいなもので
    (ここまでのハナシ(^d ^)
    節句は親類縁者お披露目も兼ねているのです。)
    お互いの家族は、お金持ちでもないのに
    こんなことにお金をかける。

    最初の結納御茶のとき、ドギモを抜かれていましたので
    (あちらの親はワタシらより腹が良くて、なにかにつけ
    自分のことより子や孫の為を第一に思う典型的な
    古き日本の良さを残す夫婦。)
    どちらかといえば合理主義的我ら夫婦が・・・
    その心意気に負けて3度の食事を2度に減らして
    塩舐めながら、孫へのお雛様を購入しました。ぷはぁ~=3
    お節句は嫁ぎ先の実家でやります。

    でも

    招かれて行ってみると・・・・
    マタマタドギモぬかれました。
    柳川のさげもんまつりにもまけちゃおらん…ではないの@0@
f0063889_1110357.jpg

    はじめ
    お盆に乗るくらいの小さい(値打ちは同じ)お雛様を買って
    やりたかったのですが、それだとどこにあるか分からなかった。
    参りました。<(_ _*)> <(_ _*)>
f0063889_12403782.jpg


   長女が姪っこのために可愛い手作りのスタイを6枚と和のヘアーピンを
  f0063889_1251149.jpg
f0063889_12524035.jpg

   

    このシアワセモンめ!
    ちなみにワタシのてづくりは・・・
    この綿入りピンクの着物の
    ニアゲをあげました。(ネットオークションでおてがらゲット!)
    これからボチボチネッ♡o。.
    健やかに育っておくれ。

 

 これから先は、全く関係ない「実は○○だったんです・・・のお話」

    長女も我ら夫婦と同行しました。
    その折、車中での会話。
    「この堤防車少ない。」
    スピードだせるけどなんだか危険なニオイ。
    「40だからせめて50で行って」
    「ダイジョウブダイジョウブ」
    と言いながらもそうそうスピード出せるタイプの夫ではない。
    ハイ 
    覆面パトカーが後ろから「止まれ」のサイン。
    おまわりさんが申し訳ないお顔でドアをノック
    無事故無違反ゴールドの夫はあわれなるかやでありました。
    40のところ58 18キロオーバー。 オーマイガー!
    でもモノは思いよう。ここで天から警鐘鳴らされたと思うことに(涙)
    そのとき
    娘が「この曲・・・・・・・」と車中にながれる曲を示すと
    これがベートーベンの「悲壮」
    夫が覆面パトカーに移動して書類書いてるとき
    戻ってきて気まずい沈黙の運転のとき
    ず~~っと「悲壮」はなり続け、夫には気の毒ながら
    喜劇ドラマをみているようでした。
    くれぐれも安全運転を。

    そうそうもちろんお目出度い席ですもの
    その事件には、ひとことも触れず、後の話題となりにけり。というオチ。
by hiriko212 | 2008-03-08 13:16 | くらし・風物
<< ベートーベン編 ザルツブルグ編 >>