カテゴリ:和の文化( 26 )

佃煮 

                           「「ツワブキの佃煮」」なるもの

                           初めてつくってみた。

                           

                           大好物というわけでもなく

                           母が、むりやり 笑

                           分けてくれれば一応ありがたくは貰い

                           そのうち冷蔵庫の片隅で干からびたりして…(恥)

                           誰もいなくなった庭に今年も、山のようにツワブキが…。

                           
                           母の味、習っておけばよかったなぁ。

                           ワタシは、PC頼り。

                           ストーブの残り油でコトコト…それでも半日がかり。

                           そんなワタシを見て、母はどんな顔するだろう。

                           「へぇ~~!」なんて言ってよろこんでくれるのかな。

f0063889_23113951.jpg


                            たぶん、

                            ワタシ、毎年作りそう。。。

                                                    

                           
                                          
                                            
                                             

More
by hiriko212 | 2011-06-11 23:15 | 和の文化 | Trackback(1)

いと愛し…

                  愛しい愛しい雛の季節がやってまいりました。

                  昨日

                  遠くの町へ所要で出かける道すがら

                  一度出かけたことのある

                  白蓮さんゆかりの伝衛門邸の雛祭りを愛でに行きまして

                  ございます。

                  そこで…ワタシを待っていたもの


f0063889_13304699.jpg


                  逃げないでくださいまし。

                  ちゃんとシワが見えぬようぼかしております故。 

More
by hiriko212 | 2011-03-01 14:14 | 和の文化 | Trackback | Comments(16)

小春日和に・・・

              不慣れながらも

              ブログをやっていて

              よかったと思うことた~くさんあり。
f0063889_10414670.jpg

              
                 
f0063889_1048546.gif


              こんな素敵な絵も拝借できるし…。

                            まずは情報。お城復元!

              近くにこんな処があったなんてちっとも知らなんだ。

              マイミクMさんおおきに。

              

まずは 佐賀のお城復元
by hiriko212 | 2010-11-18 11:59 | 和の文化 | Trackback | Comments(17)

昔着物



                 この着物、ほぼ100年は経っています。

                 以前、ネットで手に入れた数少ないコレクションのひとつ。

f0063889_2253784.jpg


                 縮緬ではありませんが

                 表の布地、とても嫋(たお)やかで羽のように軽い絹。

                 裏布は、紅絹。

                 つけひもは、紅い江戸縮緬。

                 紐飾りは、繍(ぬい)入り押し絵。

f0063889_2302047.jpg


              ねぇ   かわいらしい♥ 絵柄ではありませんこと。

            

                 

それが…     
by hiriko212 | 2010-09-30 23:56 | 和の文化 | Trackback(1)

燈籠(とうろう)人形


                   
                      
f0063889_8575243.gif


                福岡八女(やめ)燈籠(とうろう)人形を観てきました。
                (国指定重要無形文化財)芸題:「吉野山狐忠信初音之鼓」
                    よしのやまきつねただのぶはつねのつづみ

f0063889_981480.jpg


                此処は、八女市福島神社の境内。

                なんと

                この建物、舞台が終わればすべて解体されます。

                年に一度の燈籠人形の為の建物。釘は一本もなしとのこと。

                一階は、人形使いが動くところ。

                二階は、舞台。三階は、音曲鳴り物(三味線、太鼓、鼓)

                約250年前に始まり、一時途絶えるも

                復興され、延々とつづいております。 保存会に拍手!

More
by hiriko212 | 2010-09-26 11:22 | 和の文化 | Trackback(1) | Comments(14)

こんなのいかが?


f0063889_14331649.jpg


               所用があって街にでました。

             明光師匠の作品展を覗いたら…

             浅草の手ぬぐい「ふじ屋」さんもご一緒でした。

          歴女というわけではありませんが江戸にハマって以来、

                おのぼりさんしたらば

             必ず「ふじ屋」さんを覗かせていただきました。

             成熟した江戸の町人文化がたまりません。

             一昔まえ、我が家のお手洗いの扉の裏には

               こんなんが掛かっておりました

それはというと…
by hiriko212 | 2010-07-01 14:25 | 和の文化 | Trackback

古民家


            一年ぶりにお気に入りの場所へ・・・。
f0063889_10474632.jpg


            やはり落ち着きますねぇ

            ゆれる 水面。

            ときどきギィとなる櫂の音。

            今回の

            

目的は
by hiriko212 | 2010-03-20 12:01 | 和の文化 | Trackback | Comments(15)

紅いわた



    人形の着物をつくる為

    手に入れた昔(江戸のおわり~明治頃)の子供用のきものを

    解いていて・・・・アッ!    思わず声が出た。

    中からいワタが現れた。

    

f0063889_6531183.jpg


More
by hiriko212 | 2009-10-03 09:09 | 和の文化 | Trackback

きまぐれなスイッチ


               梅雨に入って以来・・・。

               カラカラ天気が続き、ダムが底をつくかに見えたとき

               出遅れた風神さま。雷神さま。雨神さま(?)が

               一気に三つ巴で、けんかした日があった。

               それはそれは久方ぶりの大乱闘でした。

               でもその次の日からは又、カラカラカラリ。

               そして、ようやく今

               梅雨らしい雨に胸を撫で下ろす。

               
               

いったいあのカンシャク雨は誰のせいか?
by hiriko212 | 2009-06-22 23:09 | 和の文化 | Trackback | Comments(18)

秋の夜長は、光源氏


      昨年につづき今年も・・・

      源氏物語を、おべんきょうしている友人にイザナワレ

      なかなかご縁の薄い雅な方々に触れてまいりました。

      五、六日経つというのに未だ余韻にひたれる物語って・・・

      すごすぎ。。。というより

      八十路をすぎた講師の後ろにある

      膨大な知識と、いにしえ人をふか~く敬愛する魂が

      グッと五臓六腑に響いてくるのです。

f0063889_1123269.jpg


More
by hiriko212 | 2008-11-12 13:24 | 和の文化 | Trackback