<   2006年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

からくり人形の実演に遭遇!(からくり儀衛門)

f0063889_10274785.jpg人間が古くなってきたので、最近ゾクッとするような古い優れものに出会うことが・・・増えたような・・・?。
むかしむかし興行からくり人形として実演していた文字描き、弓曳き、茶出し、覗きからくりの実演に出くわす。
特にこのお方、アメリカのさる財閥のお蔵にボロボロで、眠っていたものを、東野様と仰る奇特なコレクターが、私財をなげうち、里帰りさせ、蘇らせました。その方の仰るには、「日本の知と技の塊」 ビデオ、カメラどうぞどうぞでした。
実演は、もう2度と見ることはないだろうと、シンカラ見せてもらいましたよ!
字を書く人形はあまたあっても、ちゃんと「こんなん書いたけど、どぅ?」とお披露目する人形は、世界広しといえど、このお方だけでございまするぅ。  こころなしかお顔も満足げに・・お見受けしますですが・・・。わたくしめよりお上手(^^;)



f0063889_1133915.jpg
万年時計


















f0063889_1144087.jpg
弓曳き童子



















f0063889_115209.jpg
覗きからくり 3枚の時代写真(立体)































f0063889_1164228.jpg

   
   



   

                                    

                                                                                                         
                  (からくり儀衛門)久留米市出身  田中久重 東芝の祖(からくり儀衛門)

                         








f0063889_1185894.jpg












ギネスに載って現在世界一小さいからくり、江戸期。 
この屋形船しゅるしゅると動きます。











f0063889_1439549.jpg
右上の白い柱は、タバコです。 両サイドは、極小御茶だし人形 動くんです!!
白い立ってる棒は、たばこなり~~
by hiriko212 | 2006-04-29 11:01 | 昔の人形 | Trackback | Comments(2)

むかしむかしの5月人形

今日、「5月人形飾ったから観に来て」と連絡が入り
早速見物に・・・・。

び・つ・く・り!

お雛さまもすごかったけど(前出マイブログ)、これまたどうなってるの?

鑑賞出来るのが、知人だけというのが勿体なくて、

ここに残しておくことにした。モチロン了解済み
f0063889_10243181.jpg

鯛曳き。 恵比寿見立て。
f0063889_16283970.jpg

豊臣秀吉と若武者(秀頼か?)
f0063889_1629796.jpg

神功皇后
f0063889_16294882.jpg

神功皇后と竹内宿禰に付く馬
f0063889_753667.jpg

子供用鎧。珍しい胡粉仕上げの馬。後ろに木のネジが付いたからくり御所人形(腕可動)
f0063889_16311283.jpg

旗持ち(愛嬌があって人間臭い) いかめしいキリリとした武士の横に旗をもってかしづく。
今で言う「いやし」。この絶妙のコンビを見ていると、昔の職人の粋な計らいと心意気を感じる。
f0063889_16314130.jpg

兜前飾り
f0063889_16325511.jpg

武内宿禰
f0063889_16331939.jpg

↑の右足 わらじ
見えないところでも、手を抜いていません。↓も、すばらしい裏
f0063889_10195380.jpg

極めつけ武者人形  (もう戦わなくていいんだよ・・)
f0063889_10231364.jpg


  
by hiriko212 | 2006-04-25 16:35 | 昔の人形 | Trackback | Comments(4)

まむし草

f0063889_16221985.jpg今まで、まむし草とうらしま草を同一の山野草と勘違いしていた。
よく似ているが、違うところがある。
うらしまさんには、フライング用のながい竿がついているの。
竿があるかないかで、このネーミングの受けの違い・・・。
マムシグサor浦島草(うらしまそう)。 
この方は、竿を持ちあわせてないので、マムシグサ。
このまむしに似た苞の模様は、どちらも酷似している。

雄と雌があって、苞に水を注ぐと、
タラタラと垂れ流すのは、雄。
しっかと受け止めるのは、雌だそうな。
グフフフフ。奥が深いなぁ。
 

ピンボケにて・・・修行が足りませぬ。
          お許しあれ
by hiriko212 | 2006-04-24 16:51 | 庭・ガーデニング | Trackback | Comments(4)

若葉碧に抱かれて

f0063889_20173696.jpg


パーソナルコンピューターが取り持つ縁で、
もうすっかり仲良くなったご夫妻と登山。

慣れない案内役だが、
どうやら役目を果たせたカンジ(チト怪しいトキもあったノダ)

少し前まで。考えもしなかった。
バーチャルの世界から私へのありがたいプレゼント。
   
   それは人とのご縁。・・! 

パソコン様あんたはエライ! あんたは大将! 私は僕! (固い握手)
f0063889_2211617.jpg

by hiriko212 | 2006-04-23 22:00 | Trackback | Comments(2)

咲き狂うもっこうばら

あららぁ~気が付けば、雨どいからもっこうばらが・・・.*:・'゜♪。..♪:*:♪.・'゜♪゜'・:*♪~

f0063889_23302878.jpg

                          ↓
f0063889_23232542.jpg

                           ↓
f0063889_2325212.jpg

                      ↓
f0063889_102697.jpg

                            ↓
f0063889_1054625.jpg

                                       ↓
f0063889_1062168.jpg


このバラの下には、うさぎが住んでいます。

天井は、若葉もみじともっこうばら 

ときには天井見上げて「う~んナカナカイケル」とか言ってるのかなぁ

なまえは、風太郎です。

ヤモメです。

爺さまです。
by hiriko212 | 2006-04-20 23:50 | Trackback | Comments(4)

特別の日

f0063889_23513599.jpgとうとう来る時が来た。 次女の相手が、親御さんと挨拶に。
ケーキしか作れない(職人)不肖の娘なのだ。

ただ、
誰に似たのか笑い顔でしゃべることができる。

自分ができないので、笑い顔でしゃべれる人を
羨ましく思っていた時期があったけど、
気が付けばそばにいたのね。


これってやっぱ親ばかかなぁ




写真:しらゆきげし
by hiriko212 | 2006-04-18 23:55 | つぶやき | Trackback | Comments(6)

ゆったりとした時間


雨の中、筑豊の山里一軒家に皆で出向く。
お茶室のあるお料理やさん。
嗚呼日本人に生まれてよかった。
f0063889_23154897.jpg
良い師匠に巡り合えた。
運命とはいえ、数奇な半生を余儀なくされた師匠。
昼食時ご酒が入り先生の身の上話が始まる。
皆も一緒に号泣する。人生を語りだすととまらない。
そして最後に笑い会う。いつものパターン。

私たちは、この師匠を愛している。お茶だけではない多くを学ばせて貰った。
先のことはわからないが、一生付いていこうと誓い会っている。

写真:歳の若い先輩とお茶の師匠。ちなみに私めは、平服で、下働きをしてましたですハイ。
f0063889_6415515.jpg

写真:雨で、裏山、本当に緑が滴ってました。  一行、日々是好日。  茶花 藪椿 雪柳
by hiriko212 | 2006-04-15 22:57 | Trackback | Comments(2)

修行が足りぬ

f0063889_190016.jpg修行が足りぬのか、またしても強風の為、飛行機飛ばず、中部セントレア空港で足止めを食う。これで二度目。
とうとう帰宅叶わず。セントレアさん風対策なんとかして。ホテルがとれない!仮眠室を与えて!
万が一の時のお守りが(そんな時ウチに泊ってと渡されていたアドレス)身を守り
ようやくそのありがたいお宅へ到着。
地獄にほとけ!。結局深夜2時までおしゃべりし、フカフカのおふとんにありついた。このご恩忘れマジ!目が覚めるとナントすばらしいお庭。山野草や初めて見る花がいっぱい。セントレアの風にちょっぴりカンシャ(?)・・とは言っても雨嵐、代行バス乗り継ぎ疲労困憊のわが身ではありました。
でもそれよりなにより、人の情けが、身に沁みた日でもありました。

写真: ケマン草、別名鯛釣り草
by hiriko212 | 2006-04-12 19:31 | Trackback | Comments(9)

さくら見 昼・夜

f0063889_22121016.jpg
f0063889_22123163.jpg

今日は、贅沢な一日だった。昼の部・夜の部と、さくら三昧
まずは昼の部、都会の公園(博多山王公園)稽古帰りに皆と花見へくりだす。
枝の先の先まで、さくらがびっしり、今が見ごろであります。

夜の部、樹齢約100年の山ざくらが、ライトアップされ
その堂々たる姿が、深い闇の中に浮かび上がる。(浅井の一本桜)
圧巻なのは、堤のなかにその山桜が、丸ごとすっぽり納まること。
幽玄の世界だ。電気UPしてくれた人。見物人の為イスをこしらえてくれた人。
感謝にござります。
by hiriko212 | 2006-04-08 23:04 | Trackback | Comments(2)

どバト

f0063889_1540088.jpg
ドバトくんorちゃん。このごろ目があっても逃げない。
向こうの電線で、
「テテッーッポッポテテーッポッポ」と相棒が呼んでるのに知らん顔。
大濠公園の枝垂れ柳、伐採枝を一枝頂いて、
挿していたのが、もう大木(笑)になり、
今年も柔らかい新芽をふいた。
今では、なくてはならぬ我が家のシンボルツリー。
by hiriko212 | 2006-04-06 15:55 | Trackback | Comments(8)