<   2013年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

その手があったか

f0063889_163575.jpg

                          隣の町にお気に入りの温泉がある。

                          総合保健福祉センター(市営)の中。

                          泉質がよく、とろとろぬるぬる。

                          風呂上りは、夫と囲碁三昧。

                          囲碁将棋の為の和室があり、

                          いつも満員。

                         
                          うれしいのはお隣さん(市外)でも ちょっとお歳を召した方だと

                          入浴料半額。

                          
                          囲碁和室なんぼでもただでお使いください。

                          冷暖房ご自由にどうぞ。

                          若者たちは、PM6:00から半額。

                          
                          ふとっぱら~~~ わが市も見習ってよ。

                          
                          おのずと年寄りは、昼間。若者は夕方から・・・が多し。


                          
                          ある日、いつものように出かけていくと

                          健康推進(未病の為)のイベントにでくわし

                          成人病予防。食生活見直し等、懇切丁寧に指導を受ける


                          
                          そこでいろいろ景品をプレゼントされ…。

                          「サスガ!」 と唸った一品。



                          それは


f0063889_1583280.jpg



f0063889_1381130.jpg



f0063889_202951.jpg








                           こんなアイディアだれが思いつくんだろう。






                           

                          

                          
by hiriko212 | 2013-11-23 10:00 | 目からうろこ | Trackback

昔ん着物が出番デス。

                        



                                  「昔の着物」コレクター(そんな大そうなモンは持ってません)として


                                  ずっと前からこの日を心待ちにしておりました。

                                  
                                  正式なお参り(?)は、向こう(婚家)で済ませているので

                                  この日は、云わばこちらの家族で、お参り方々デモンストレーション(笑)


                                  あ・そうそう 何のことかと申しますと、七五三

                                  向こうでは、上の孫(5歳)は、合う帯がなかったので服だったけど今回は着ていただこう。

                                  だって

                                 
                                  3歳と5歳。節目です。

                                  
                                  もう忘れちゃってるかもしれんけどここ3年

                                  ママのことや、いろんなことあったもんね。

                                  まずは無事にここまで育ってくれてありがとう。謝・謝





                                  上の孫、3歳のときに着用。…この時、帯なし白い被布。今回3歳が白い被布。


                                  素晴らしい簪は、友人Sさん作。感謝!敢えて箱せこなし。


f0063889_10544895.jpg


                                  下の孫お宮参りに着せた縮緬の着物。

f0063889_10564242.jpg



                                  上の孫ののは、きれいなきものを着れるとあっておおはしゃぎ♬.*:・

                                  なかなか古い着物に会う子供の帯って難しく諦めかけたところ…


                                  偶然にも、チャリティーバザーにこの帯がワタシを使ってよとでてました。

                                  もちろんお買い上げ。なんと¥300(^d ^)☜これナイショネ


                                 


f0063889_11411231.jpg





f0063889_11413279.jpg



                       
                                  日ごろやんちゃの(なな)、本日神妙に姉に従う 笑                             



                                  この神社(太宰府天満宮)は、外国の観光客が多く

                                  ののななは、タレント並でした 笑

f0063889_1119324.jpg



                                  ママも皆もうれしそう。

                                  婆も大まんぞく。


                                  どうぞこれから先も無事で、

                                  
                                  うちの子も

                                  よその子も


                                  世界中のこどもたちがすくすくと平穏に暮せますように
                                  



                                  


                                  

                                  

                                  
by hiriko212 | 2013-11-15 11:52 | 和の文化 | Trackback

歓喜のため息





                                    少し遠くの山へ紅葉狩り


f0063889_23514050.jpg


                        
                                   未だ色あせない落ち葉踏みしめ・・・・

                                   大自然の感動いただきました。


                                   こころの栄養までたっぷり。




f0063889_23565666.jpg





f0063889_2357593.jpg





f0063889_23592872.jpg



                                   此処は久住坊ヶつるへの大船林道。


                                  


                                   












                         
by hiriko212 | 2013-11-05 10:00 | 山歩き | Trackback