<   2014年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ストラディバリウス

                           昨年はモーツァルトの夕べ

                           今年はベートーベンの夕べ。

                           今年で23回を迎えるチャリティコンサートへでかけました。


                           お世話係の友人からの誘い。

                           12億円の価値あるヴァイオリンの音色を一度は聴いておいたら?!。

                           例の名器のことね!冥土の土産ね!イカイでか!


                           忍び泣くとでも申しましょうか。

                           むせびなく・歓喜・まさにその抑揚は、喜怒哀楽。

                           (もちろん名器は奏者を選びます)

                           名器ストラディバリウスは、聴く者のココロの琴線に触れるものでありました。

                           尤も、ワタシのような下世話なシロウト凡人からみると

                           タイマイ¥1200000000 ゼロイッタイいくつ?と

                           その先入観ばかりが感動呼ぶのかもしれませんけどね(恥)

                           その昔、お宅を売り払って手に入れたというヴァイオリニストもありましたよね。

                           しかし、今や一個人が所有するには、限度が・・・。

                           この楽器は日本音楽財団より貸与された1725年製ストラディバリウス「ヴィルヘルミ」

                           現代は、科学の進歩で、音では勝っている(?)らしいけど

                           ストラディバリウスさま。 ひとつひとつの軌跡がちゃ~んと残されており

                           それぞれに名前(愛称)がついており、 ロマンがあるのよね。


                           数年前になるけど、

                           縁もゆかりもないベートーベンさまの終の棲家へ

                           楽譜も読めないワタクシが迷いながら友人達と行ったの思い出すわ。

                           お墓にも行ったわ。すてきなお墓のオンパレードだった。。。 。

                           随分おはなしがそれました。

                           


                           ワタシすっかり勘違いしていたことがあります。(;-_-)

                           昨年に同じく今年も指揮者はアンガールズ武藤英明氏。九響専属と思っておりましたら

                           チェコ在40年の世界を股にかけた指揮者でありました。

                           どうりでチェコのオーケストラの方々も武藤氏同様なかなかユーモラスで

                           ワタシのようなド素人でも充分に和み楽しめました。

                           又、来年も行けたらいいな。
               
f0063889_22492962.jpg



                           


                           
by hiriko212 | 2014-09-29 22:53 | 観劇・コンサート・映画・音楽 | Trackback

うんどうかいで

                        心配されていた雨も降らず


                        幼稚園のうんどうかいは無事開催されました。


                        上の孫は無事今年卒園できたので

                      
                        今年は末の孫なっちゃんのひとり舞台であります。


                        なにしろ


                        こども園からの古参(笑)なので活発で声も大きく


                        踊りやお歌が大好きです。過去のお遊戯会では大活躍♪


                        今回の集団おどりでは、せんせい曰く「イチバンおじょうず」(^^) ウンウン ナットク


                        近くの小学校を借りて運動場では、各々の家庭別テントのはなざかり。


                        我が家は、両親、おねぇちゃん、ジジババ2組、叔母ひとり、しめて・・・8人 (笑)


                        右を見ても左をみてもテントの中は大所帯 (^0^;)



f0063889_11453161.jpg


                        年長さんの組体操ね。素晴らしい! パチパチ!!


                        我らが希望の星なっちゃんの出番が近づくと皆ワクワク


                        まず初めてのかけっこは、、、、ハハハ、、仕方ないよね。よ~~いドンで

                        1拍おいて出ました。  イチバンビリを抜いてビリから2番目。 (;^ ^A)


f0063889_11504786.jpg



                        年少さんは、ひときわかわゆい~~(◕ฺ‿◕ฺ✿ฺ)~~*:..。♡*

                        どれどれ??我が孫は何処~~~?? 

                        みな同じにみえる。   
                        ほとんどが我が子の見えるところに集団移動する(笑)ので

                        ママたちとはぐれてしまった。


                        ワタシは、上手に元気よく踊っている子を探せばいいのよネ。

                        やっぱり 探せない  ʅ( ‾⊱◝)ʃ  わからない・・・。


                        わーわー元気よく泣いている子がいる。 それも可愛い(◕‿◕✿)

                        せっかく練習してきたのにおうちの人にいいとこ見せてやれないね。

                        おうちの人も・・・残念だろうなぁ・・・

                        ・・・・・・・・・・・・・・・


                        うちの子ジャン!


                        どこかのママが 「Oh!ワイルドなっちゃんが泣いている!」


                        「あの時は、どうして泣いたと??」の質問になっちゃんは

                        「ママの顔をみたら悲しくなった!でも泣き止んで踊ったよ!エライ?」・・・と元気よく答えてくれた。


                        「ハイ元気で、なんでもできる子は得てしてそうなるものなんデスヨ♪」

                        なんでもできる受け持ちのせんせいの、やさしいママへのホローデシタ。



                        

                        解散後

                        急いで支度して、お墓参り。

                        ママが無事に参加できたことに感謝。


                        

                        


                        



                       
by hiriko212 | 2014-09-24 12:42 | 孫・子供たち | Trackback

ひっさしぶりの山

f0063889_9502628.jpg



                                 久しぶりの我らが高良山。

                                 奥の院近くのいつもの場所から成田山慈母観音の後ろ姿に手を合わす。

                                 長雨の変な夏も過ぎようとしています。

                                 






                                 昨日は、名月。

                                 なんの室礼(シツライ)もなく(季節を愛でる人様のブログを見て恥ずかしい…)

                                 我が家にやってきた孫ちんを外に連れ出し

                                 月を見上げた。

                                 雲もなく煌々と輝く名月に「イヨッおみごと!!」☜歌舞伎じゃないって

                                 おちびさんたちも名月の美しさは、ワカルみたいで

                                 「ワァーきれいね ♪」  4歳&6歳。




                                  


                                
f0063889_15595088.jpg




                                 ススキの穂がせっかく出てくれてたのに
                                 入れて撮るんだった… 
                                 あぁぁ (ため息 =3 )
                                 我が脳は、中秋のおぼろ月ナリ。…トホホ穂…。
by hiriko212 | 2014-09-09 05:15 | 山歩き | Trackback