73歳の男性に泣かされました

f0063889_20115447.jpg


先週のドシャ降りの日曜日に続き今日で、2度目。

すばらしいテノールに魅せられてしまった。

歌う男性は、73歳。場所は、美術館の中。

マチス晩年(78歳)の小品30点が取り囲む展示室。

立ち見まで入れて300人弱か。

久留米石橋美術館の創立50周年企画「サウンド・オブ・ミュージアム」

題して、(音と響きあうアート)

歌手は、プロではないが、声楽を学び、発声の研究が高じて医学の道へ。某大学名誉教授

外国の舞台で、オペラ出演も多し・・・

そんな御仁が、今の美術館館長のH氏

はっきりいって、失礼だが、お歳を考えれば、・・・そうそういつまでも艶のある声が続くわけない

ご無理なさらないように・・と心で祈っていた。

♬.*:・いきなり「トゥーランドット」(イナバウァー)オ・ソレ・ミオ サンタ・ルチア

声に老いを感じない!!パバロッティに負けちゃおらん!!

シカモ 歌のあとのお話が、息も乱れぬ爽やかな声!

ハハァ~ まいりましたぁ <(_ _)> 

日本の歌曲「出船」を歌われたときにゃぁ私ボロボロでした。

荒城の月、宵待ち草では、首がゆらゆらして、後ろの人はいやだったでしょうねゴメン

その御仁は言われました。「マチスと同じ歳78歳はあと5年です。又ここで歌えたら皆さんとお会いしましょう」 。+゚☆゚+。Y⌒Y⌒Y。+゚☆゚+。Y⌒Y⌒Y。+゚☆゚+。Y⌒Y⌒Y。+゚☆゚+。

            
                  
by hiriko212 | 2006-07-30 19:43 | 観劇・コンサート・映画・音楽
<< 枝垂れ柳のそばに・・・ お参り >>