大樹の行方

f0063889_1602694.jpg

車で通りかかると、珍しい光景。 さぁ じっとしてはいられない。
早速カメラをつかんでイザ・ユカン





f0063889_161665.jpg

大きな樹が人の手で・・・・・ばっさばっさと・・・・終焉を迎えておりました。

f0063889_1612685.jpg

大きな樹の下には、材木ヤ 家具ヤ 製材所のトラックが並んでおりました。
皆大木が倒されていくのを見守っておりました。それぞれが生業であります。

f0063889_162714.jpg

作業を見守る元乙女と少しおはなししました。お礼をいったら
「いいえお茶も上げませんで」とピースされちゃった。

このおうちさぞや明るくなっただろうけど・・・
明日から、このうちを豊かに覆っていた楠のみどりにはもう会えない。
切ろうか切るまいか毎日悩んだのだろうなぁ。

 ☆ くすのきのつぶやき
   
☞  「おれさまも潮時だったつばい。
   これからなんかのお役に立つでっしょけん
   ここへんでさよならですタイ (゚_゚i)」 ☜
by hiriko212 | 2006-10-22 16:47 | つぶやき
<< ふたたび門司へ つりばなと眉はけ草 >>