2月 花形歌舞伎

f0063889_21581287.jpg

  2/15 はなまる天気。思わぬチャンス到来。

  2月花形歌舞伎かんげきにカンゲキする

  





 夜の部演目
  ① おちくぼ 物語   菊の助 海老蔵

  ② 船弁慶        海老蔵  松録

  ③ 彦一ばなし      松録   

 久方ぶりの歌舞伎だ。
 ちかごろ、なにかと出歩くことが多く
 観たくても辛抱辛抱と
 自粛?気味のワタシに
 またもやツキが・・・券が舞い込む
 
 あぁ神様仏様これでワタシのツキが
 すべて失われたとしても
 あまんじて受けようではないの。

 友への感謝をこめてφ(._.)メモメモ

 おちくぼ物語・・・聞いたことはあるが、よく知らなかった。
           おちくぼとは=さる公達のお屋敷の中、おちくぼんだ(凹)
           粗末なはなれに住むあわれな姫のことを、あだ名でおちくぼ姫。

           シンデレラ物語の和ものと言っていい。この美しくて気立てのいい姫は
           ママハハ(懐かしいヒビキ)と異母妹2人にこっぴどいいじめに合う。
           やがて光り輝く高貴な若者があらわれ姫に求婚、
           継母や妹達の歯ギシリがきこえる!
           艶やかで匂うがごとき菊の助と海老蔵が姿脳裏から離れ難し。
           でもしかし、 コミカルタッチで笑いもあり、肩の凝らない平安絵巻。
 
 船弁慶・・・   以前能で観たよりは歌舞伎らしく大仰な気がした。
           それにしても海老蔵さんは芸だけを見ると千両役者ダナァ

 彦市ばなし・・・ ウ~ン熊本弁の民話のような・・・歌舞伎とはチト味のちがう楽しいけど
           なんか学芸会風というてはシツレイかなぁ
           松録さんの踊りみたかったぁ~   
           
 
 
by hiriko212 | 2007-02-17 23:34 | 観劇・コンサート・映画・音楽
<<  サプライズなこのごろ  いまどきのチョコ >>