今年の雛



f0063889_17131413.jpg

                          ※追加 
                          極上漆の雛道具ミニ
                          興味のある方はどうそ。                                             
    もうとっくに時期は過ぎているというのに、

    お雛さまに御登場いただきました。(こちらは旧暦)     

    今年も新緑が家を覆うまで愛でるつもりです。      

    我が家の雛は、主同様ほんとうにくたびれたお雛様。

    ネットや、骨董市で、こつこつと集めたものです。、

    色がコッパゲタリ、褪せたり、

    足が捥げたり鼠に噛み付かれたりと

    一文の値打ちの無いものもありで・・・。

    でも、でも、どこかしらワタシの♡を掴んだ人形たち。

    人がガラクタと呼ぼうが、なんと言おうがいいのです。

    また今年もスキモノ(笑)が集い、

    「これはねぇーあーだこーだ」と

    私は、

    ややテレながら

    娘を自慢するように、ガラクタを自慢するのです。笑

    なかには、自作のものもあったりして。

    「温故知新」古いものにこそ学ぶべき事が多いと思う昨今。



   







    
    自分の雛は、微かに思い出すことができます。

    それぞれ箱に入った大振りのお雛様でした。お雛様には

    豪華なビラビラ簪が付いていました。

    でも、もう今となっては幻。

    とっくにおコメか、お金に、換わってしまったらしい。

     

    今年のテーマは、ミニチュア。 雛の雛
f0063889_17352448.jpg

f0063889_22262875.jpg

f0063889_22124936.jpg

    
f0063889_20484719.jpg


f0063889_20494836.jpg
    
    数ある雛の中で、いつも私を温かく包んでくれ、胸がきゅんとなる・・・。
f0063889_19391728.jpg

    折り紙の雛。この雛だけは毎回出さずにおれない。

f0063889_19395152.jpg

f0063889_1940856.jpg

    
    昔、大先輩から届いたもの。当時バリバリご活躍で、

    外国へのお土産に、この雛を折られていた。 

    だが歳月とは残酷なもの。

    今はもうワタシの顔も思い出してもらえない・・・。

    ・・・・切ない雛でもある。

 追記
    これより先は友人の蒐集した極上品です。
    今年も素晴らしい雛に会いにいきました。
    可愛い塗の雛道具をご覧アレ。
    すべて500えん玉と比べていますよん♪
f0063889_8212330.jpg

f0063889_8215060.jpg

f0063889_8221744.jpg

f0063889_8224366.jpg

f0063889_823920.jpg

f0063889_8233538.jpg

f0063889_8244423.jpg


    
by hiriko212 | 2008-03-24 21:15 | 昔の人形
<< 懐かしい風景 お墓まいり >>